no responses byod事例が増えるわけ

企業でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する場合、従来会社によってそれらのモバイルデバイス端末が支給されるのが一般的でした。支給されるモバイルデバイス端末は同時期に個人で購入できるものと比べても高価で高性能のものが多く、従業員の満足度も高かったので。
しかし近年では、デジタルデバイスの機能、性能は短期間で向上しており、価格設定も下がってきているので、会社が支給するモバイルデバイス端末よりも、個人が所有しているスマホやタブレットの方が、処理速度も速く、使い勝手もよいという現象が起こりつつあります。そのため個人が所有するモバイルデバイス端末を業務で使用するbyodの事例が急増しているのです。
高性能で、操作にも慣れている私物のモバイルデバイス端末を使うことにより、業務効率アップや、端末導入コストの削減にもつながります。
情報セキュリティの観点や、利用制限の設定などをしっかりと行えば、byodによるモバイルデバイス端末の導入は非常に大きなメリットを及ぼしてくれるでしょう。

no responses 組織体系に対応できるmdmツールの導入

mdmを導入することで、モバイルデバイス端末の運用・保守の効率化が可能です。また管理のコスト削減にもつながります。
管理者の負担は軽減され、端末に応じた自動での設定変更も可能になっています。日本で導入されているmdmツールは日本国内のものだけではなく、海外製にものもあります。継続利用率の高いものを利用するのがよいでしょう。
特にあらゆる組織体系に対応できるmdmツールは人気があります。また操作性が簡単なものは管理者もそのmdmを利用しやすいので、継続利用率は高くなるでしょう。
端末管理に対する機能はそれぞれmdmツールによって異なります。階層管理で組織体系をそのまま管理体系とすることもできるmdmツールであれば、グループに対する設定やモバイルデバイス端末ごとの設定などポリシー適用の範囲を決定することが可能です。
企業や組織にあった使いやすいmdmツールを導入するのが、モバイルデバイス端末の活用のカギとなるでしょう。

no responses 業務の効率化には欠かせないmdm

mdmは製品によって機能が異なりますが、基本的機能は似ています。まずデバイス利用制限とモバイルデバイス端末の情報取得です。
mdmでは企業のポリシーに従って、カメラの使用、アプリケーションのインストール、Bluetoothの使用制限、モバイルデバイスの使用制限などを実施できる機能になります。
また位置情報やブックマークの内容など、それぞれのモバイルデバイス達末の情報をmdmで管理することによって管理者側が把握することができます。さらにmdmではJailbreakやroot化の探知機能も備えています、モバイルデバイス端末にイリーガルなツールを導入することで、モバイルデバイス端末の権限自体を変更してしまうjailbreakやroot化といった変更を探知する機能になります。たくさんの機能を備えるmdmを導入することで、モバイルデバイス端末の一元管理が可能になり、業務の効率化が進められるでしょう。

no responses Apple DEPの導入方法

iPhone、iPad、Mac、appleTVなどあらゆるiOS端末の管理が簡単になるツールであるapple DEP。apple DEPはapple社が提供するiOSデバイス端末を自動的にmdmサービス管理下に配置できるプログラムになります。管理者は事前準備としてモバイルデバイス端末の情報の登録とmdmサービスとの連携を設定します。自動ステップ1として、device Enrollment Programを自動参照し、自動ステップ2では自動でmdmサーバーへ接続します。
自動ステップ3では、自動でCLOMO MDMに登録したり、自動で監視対象に設定したり、厚生プロファイルを自動適用したりします。
するとアクティベーション(利用開始設定)完了後に自動ステップを開始します。iOSデバイス端末として実現できることはmdmサービス登録の強制、高度なモバイルデバイス端末の管理、運用機能の利用などです。

no responses 資産管理目的でのmdm導入

mdmを導入する目的は、それぞれの企業や教育現場などの組織によって異なります。セキュリティ対策のためにmdmを導入する場合もあれば、資産管理のために導入する場合もあるでしょう。また大量のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を円滑管理するために一元管理を目的にmdmを導入するケースもあります。
特に多いのが、企業の情報資産の漏えい、持ち出しを防ぐために、モバイルデバイス端末に機能制限を行うことを目的にmdmを導入するケースです。
この場合、モバイルデバイス端末の基本的機能の制御や遠隔ポリシー設定や実行、フィルタリング機能の管理などがmdmによって行われます。
次に多いのが、資産管理の側面から、モバイルデバイス端末種類やOS種類別に利用アプリケーションを種類別に管理したいという目的です。この目的のためにmdmでは資産管理の機能が必要となります。mdmを導入する企業によってそれぞれ事情は異なります。それぞれ異なる優先度を持った複数の導入目的、機能条件を明確にしていくことが大切です。

no responses android端末管理するmdm

androidやiOSなどマルチデバイス端末が存在するスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末は企業や教育機関などの大きな組織で導入される機会が非常に多くなっています。
モバイルデバイス端末を組織で一括導入する場合、それらのモバイルデバイス端末を円滑に管理するために必要となってくるのが管理ツールです。その管理ツールをmdmソリューションと呼びます。
mdmソリューションは様々な製品が登場しており、iOSだけに対応しているmdmもあれば、androidやiOS、Windowsなどマルチデバイスに対応しているmdmソリューションもあります。企業側としてはマルチデバイス端末に対応しているmdmソリューションを導入した方が今後のためにもよいでしょう。
mdmの導入目的はそれぞれの企業によって異なりますが、大前提としてモバイルデバイス端末新規配布時に必要な設定や配布後の設定変更を、簡単に効率よくさらにスピーディーに行い、大量のモバイルデバイス端末を一元管理することを目的としています。

no responses 問題となるシャドーbyod

byodの導入事例は増加しているものの、会社などの企業で認められていないにも関わらず、買ってにbyodを行うシャドーbyodが問題になっています。シャドーbyodが増えるときちんとセキュリティ対策を行っていない状態でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を使用することになります。業務で使用するのにその状態は非常に危険性が高く、情報漏えいのリスクも高まってしまいます。
byodを行う時には、私物のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務で利用することになるので、私用でモバイルでばしう端末を使っている時に、企業の機密情報や個人情報を自分のモバイルデバイス端末で扱うことになります。
そのため、紛失、盗難時の情報漏洩の危険性を未然に防ぐためにも、きちんとしたモバイルデバイス端末のセキュリティ対策を行う必要があるでしょう。
このセキュリティ対策で使用するのがmdmです。

no responses mdm導入による端末運用管理

スマートフォンやタブレットを企業で導入する場合、導入した大量のモバイルデバイス端末を管理する目的で、管理ツールとしてmdmが導入されるケースが多いです。このmdmはモバイルデバイス端末管理ツールのことであり、mdmによる端末運用管理を行うことで、業務効率のアップやセキュリティ強化につながります。
mdmを導入するとスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の利用状況監視が可能になります。モバイルデバイス端末のセキュリティポリシーに関連するパラメータや利用状況をmdm側から定期的に監視することが可能です。SMS送信方式による状態取得やクライアントエージェントの状態監視データのアップロード方式などどんな方法においても、mdmでのタイマー監視は可能になります。
一定の定期的な監視が可能になるので、どのような利用がされているのか、モバイルデバイス端末自体がどのような状態なのか?などを確認することができます。

no responses セキュリティ強化に欠かせないmdmとは

mdmとはiOS搭載のiPhoneやiPad、GoogleOSを搭載したandroid、Windowsなどのスマートフォン、タブレットを資産管理したり、セキュリティ管理するためのソリューションツールになります。
インターネットの発展とスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の普及によって、様々な職種においてモバイルデバイス端末を利用した仕事の効率化、サービス向上をはかる企業が急激に増加しています。
多くの企業ではスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入している現状があります。
今までであれば圧倒的にPCが重要な位置付けであったのが、最近ではPCと並んでスマートフォンやタブレットが業務上必要不可欠な存在になってきているのです。便利に活用できるモバイルデバイス端末ですが、社外へ持ち出す頻度が高いため、紛失・盗難リスクがパソコンに比べても高いです。
そこでセキュリティ強化のためにモバイルデバイス端末を導入する際に、mdmも導入するのです。
mdmにはセキュリティリスクから企業の大切な情報、個人情報などを守る機能が充実しています。

no responses byodが日本で普及しない理由

byodは個人所有のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務でも使用する事例ことを言います。
byodには端末を複数台持つ必要がない、使い慣れたモバイルデバイス端末で仕事ができる、性能がよい端末で能率アップにつながる、ワークライフバランスの改善、端末購入コストの削減、災害時の在宅による業務継続など企業にとっても社員にとってもたくさんのメリットがあります。
ただその反面、byodにはデメリットや課題もあります。
まず1つの大きな課題になっているのが、セキュリティの根強い不安があるということです。
個人情報保護法の存在によって、多くの企業が個人情報や個人データの漏えいリスクの観点から、個人が所有するモバイルデバイス端末を導入するbyodを敬遠しがちになっています。
企業としては個人所有のモバイルデバイス端末の業務利用を禁止しているという現状があり、その事が日本におけるbyod普及率の低下につながっているのです。