no responses byodに対応できるmdmソリューションを選ぼう

使い慣れた自分のスマホやタブレット端末を会社の業務でも使いたい!このような従業員側のニーズは多いです。また企業側としては会社で購入するスマートフォンやタブレットなどの端末費用を削減したいという想いがあることが、両者のニーズがマッチするのがbyodです。しかし企業でbyodを導入すると様々な問題、課題が浮き彫りになってきます。
一般的に企業でスマートデバイス端末を大量導入する場合は管理システムとしてmdmソリューションを利用します。しかしbyodの場合は一般的なmdmソフトでは柔軟に管理ができないケースも少なくありません。
従業員としては個人のプライバシーはきちんと保護されているのか?と不安になりますし、企業側としては会社の機密情報などは漏えいしていないか…と心配になるでしょう。そこで企業でスマートデバイス端末のbyodを導入する場合には、一般的なmdmソリューションではなく、byodに特化したソリューションを導入するのがおすすめです。
企業で利用するメールサーバーもbyodソリューションと連携させれば、個人所有のスマホからも業務のメールを確認できます。国内のBYODの状況スマートデバイスの安全管理

no responses 救急車の中にもタブレットは配備されている?!Mdmの導入事例

Mdmツールは様々な場所で導入されています。
Mdmの導入事例としては、消防局での導入があります。市民の安全を守る救急業務の効率化を図るために多くの救急車にはタブレットなどのモバイルデバイス端末が配備されています。救急車へのタブレット配備によって増加する救急出動に対応できるようになってきているのです。また外国人が救急車に乗車することも多く、多言語対応の必要性が増えています。特に観光客の多い地域においては多言語に対応しなければなりませんが、その際に便利なのがタブレットなのです。
ただ消防局でタブレットを導入するにあたり管理者による一括設定や管理が必要になります。そこでmdmツールが行われるようになったのです。
基本的な端末制御はもちろん、マニュアル配布、テロップによる情報通知機能があるmdmツールであれば、タブレット本体の設定、アプリやコンテンツの配信を遠隔操作で行うことが可能です。今後タブレットの導入はさらに普及していくでしょう。www.ascentnet.co.jp/mdm-modem/

no responses スマートフォンのセキュリティ強化

スマートフォンやタブレットを企業で導入する際にはmdmツールによる一括管理が重要になります。スマートフォンやタブレットを大量に管理する場合、mdmを使うことでしっかりとセキュリティ対策することが可能です。
スマートフォンやタブレットは携帯性に優れており、いつでもどこでもネットワークにつなげることができます。スマートデバイス端末を使用者の裁量に任せて使わせてしまうと、不正サイトへアクセスするなど、セキュリティリスクが増大する恐れもあります。また業務以外に使用をすることにより業務効率を高めるどころか、生産性を損なってしまう恐れもあるのです。
Mdmシステムによってスマートデバイス端末の制御やアプリの利用制限などをすることによって、ウイルスプログラムのインストールを防止し、業務に不要なアプリなどは無効化することもできます。企業でのスマートフォン導入にmdmによるセキュリティ強化は欠かせません。スマートデバイスの安全管理

no responses mdmの普及についていこう

インターネットやスマートフォン、タブレットなどの普及に伴いmdmという言葉を耳にする機会も増えてきています。
Mdmdは企業がスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する上で欠かせない管理ツールになります。
急速に成長を遂げるmdmツール管理は多様化しています。
MdmはiPhoneやandroid端末などの企業への普及を効率的に管理するために必須のソリューションとなっています。
スマートデバイス端末を企業で導入する上で、スマートデバイス端末内のデータ保護、端末やアプリの管理は欠かせません。
そこでmdmツールでは様々な数やOSの種類に対応したmdmによって管理にかかる負担を軽減し、企業としての成長をサポートしてくれます。
Mdmツールによる管理状態がきちんと行われていない企業であれば早急にmdmツールによる管理状況を把握しておく必要があるでしょう。
Mdmは基本的な機能や仕組みを覚えておくことで、導入や検討のポイントが分かりやすくなります。Mobile Device Managementとは

no responses mdmの基本機能

企業では、従業員がスマートフォンやタブレットを使用するために、mdmの導入が必要となってきます。企業での大量のスマートデバイス端末の導入は、業務効率アップにつながるため、近年では多くの企業がスマートデバイス端末をビジネスで利用しています。Mdmは企業の大量のスマートデバイス端末を一元管理し、スマートフォンなどを紛失したり、盗難にあったりした時の外部への情報漏えいを予防する対策になる他、スマートフォンなどを不正利用させないための防止策やセキュリティポリシーの一斉適用によるスマートデバイス管理の効率化に役立つ機能がたくさん搭載されているのです。
Mdmの基本的な機能として、リモートロック、リモートワイプ、デバイス利用制限、スマートデバイス端末の情報取得、Jailbreak、root化探知機能などがあります。リモートロックでは遠隔地からスマートデバイス端末をロックする機能であり端末紛失時に遠隔操作で使用できないようにしてくれます。MDMによるスマートデバイスの安全管理

no responses mdmの管理者アカウント作成機能

mdmツールは企業や教育機関などで大量のスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末を導入する場合に一元管理できるツールとなっています。Mdmの機能は様々ですが、管理者アカウント作成や権限設定は非常に重要な機能です。
複数の管理者が役割を分担してスマートデバイス端末を管理する場合、管理者アカウント作成や権限設定が必要となります。柔軟な権限付与設定ができるようなmdmであれば、部門編成、運用体制に合わせて活用することができ、管理者それぞれの手間を軽減することができますし、効率よいスマートデバイス端末管理が可能でしょう。例えば、IT管理の責任者はフル権限を持つと設定し、拠点のIT管理者はアプリ配信、利用状況確認権限、部門の担当者は端末紛失時対策権限のみなど、管理者ごとに権限を変えておくことでより効率的なデバイス管理がスムーズに行えるようになるのです。このような機能はmdmツールにとって欠かせません。MDM MoDeM

no responses mdmの基本となる端末紛失時対策

Mdmツールでスマートデバイス端末を一元管理することは企業にとって欠かせません。大量のスマートフォンやタブレット端末を導入した場合、管理者が全てを管理、設定するのは非常に大きな負担になります。そこでmdmツールを上手に活用することで管理者の負担を軽減し、効率よくスマートデバイス端末を利用できるようになるのです。
Mdmツールには様々な機能が備わっていますが、その中でも基盤となってくるのがセキュリティ面です。スマートデバイス端末紛失時の情報漏えい対策、さらにはセキュリティポリシー強化など万全のセキュリティ対策を実現してくれます。その中でも端末紛失時対策は基本中の基本ともいえる機能の1つ。万が一スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末を紛失したり、盗難したりした場合でも、遠隔操作で情報漏えいを防止することができるのです。
端末紛失時対策としての主な機能としては、リモートワイプ、リモートロックなどがあります。リモートワイプ

no responses 端末変化の設定を自動変更してくれるmdm

企業でスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末を大量導入する場合、管理者だけで管理をするのは非常に大変です。そこで業務効率アップやセキュリティ対策として、スマートデバイス端末を導入する時にmdmの導入も行う企業が増えています。Mdm製品を提供する会社も増えてきており、それぞれのmdm製品にも特色があるため、各企業のニーズに合致した機能を持つmdmを選ぶ必要があります。
特に次世代mdmと呼ばれる製品は、スマートデバイス端末変化に対応して設定を自動変更することが可能です。自動的に設定を変更できるmdmツールを使えば、スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末のセキュリティリスクに対して迅速に対応することが可能です。また端末変化に対応して自動で設定を変更できる機能はスマートフォンやタブレットを使う企業で業務の効率化に大きく寄与してくれます。これからmdmを導入するという時には、端末変化に応じた設定の自動変更が可能なmdmがおすすめです。MDMの選び方のポイント

no responses 発展途上中のmdm

スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末の普及は、企業にビジネスのスピード感をもたらしてくれます。さらに利便性もアップするでしょう。しかしスマートデバイス端末の導入はよいことだけではありません。IT資産としての管理の難しさもありますし、スマートデバイス端末の紛失や盗難などによる悪用が起こる可能性もゼロではありません。悪用によるセキュリティリスクなどのマイナスな部分もたくさんあるのです。このような課題に対して対策をしたmdmツールもたくさん登場しているのです。
Mdmツールの中にはハードウェアのスペック情報、インストールされているソフトウェア、アプリケーションなどのインベントリ情報はもちろんですが、買取やリースなどの機器の調達情報なども全て一元管理できるものもあります。
スマートデバイス端末の導入は近年急速に進んでおり、スマートデバイス端末の管理を行いたいという企業のニーズも5年ほど前から出てきたため、mdmツールの開発もまだまだ発展途上なのです。www.ascentnet.co.jp/mdm-modem/tag/mdm%E3%81%A8%E3%88%AF/

no responses 教育現場でのmdmの活用方法

タブレットを導入した学校ではタブレットを使用した学習を進めることができます。目で見て、実際に自分で操作することによって子供の学習理解力は上がっていきますし、授業に対するやる気にもつながります。
生徒1人1人にタブレットを配布するとなると、非常にたくさんのスマートデバイス端末を導入しなければなりません。その時に役立つのがmdmツールによる一元管理です。Mdmツールによって一元管理をすることで、スマートデバイス端末を円滑に管理、使用することができるのです。
例えば英語の聞く、読む、話す、書くという4つの技能を伸ばすためにタブレットを使用したいとなった時に、リスニングによい機能のあるアプリ、スピーキングアップにつながるアプリなど、目的別にアプリを使い分けることがベストになることがあります。このようなアプリの管理もmdmツールによって一元管理をしておけば的確にアプリ管理ができるようになるわけです。タブレット端末に直接的に手を触れなくても一括してアプリの配信、設定ができるのは非常に魅力的ですね。VPPとは?法人・教育機関向けアプリ配信プログラム