no responses アプリの利用制限ができるmdm

スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末を一元管理するために欠かせないmdmツールには色々な機能がついています。その中でもアプリケーションの利用制限機能はセキュリティ設定、監視設定として重要な機能の1つになってきます。
アプリ利用違反デバイスの自動探知はクリストで利用アプリの監視が可能になっています。違反アプリのインストールを自動で探知して、アラートを通知することが可能です。また違反アプリの利用を制限する機能もあります。
違反アプリに関する機能だけではなく、mdmでは必須アプリをきちんとインストールしているかどうか?をチェックする機能もついています。必須アプリの未インストールを自動探知する機能では、必須アプリがインストールされていないことを探知したら、アラートを通知してくれます。そのほか、必須アプリの自動配信やポリシー違反デバイスの自動探知、位置情報の定期取得などの機能も可能です。www.ascentnet.co.jp/mdm-modem/

no responses タグ端末によるmdm管理

スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末を企業で導入する場合、大企業であれば導入するスマートデバイス端末の量はかなりの数になります。それらすべてを一元管理するのは管理者だけの手では非常に難しく、一元管理できる管理ツールをうまく利用して円滑に管理を行っていく必要があります。それがmdmツールになるのです。Mdm管理で行える機能はいくつもありますが、タグ情報による設定構成機能(端末タグ)も管理機能の1つです。端末タグ端末ごとに異なる設定値の作成、配信の効率化を実現できる管理者向けの管理機能になります。一般的な設定方法であれば、設定値ごとに別のファイルを作成、配信する必要があり、管理者の負担はとてもつもなく大きいです。丸一作業になってしまうこともあるでしょう。例えば100人いれば100個の設定ファイルを作って、ファイルと端末の対を選んで100回配信しなければなりません。しかしタグ端末の機能があれば、異なる値をもつ設定項目はタグで共通化し、管理効率を圧倒的に向上することが可能です。配信も一括で楽々に行えるでしょう。スマートデバイスの安全管理

no responses 業務活用を支えるmdm

Mdmというのはスマートフォンやタブレットの業務活用が一般化するのと同時に注目され始めたモバイル端末管理のことであり、新ジャンルの製品になります。Mdmのリリースはここ数年増えており、現在の市場規模はかなり大きいと言われています。
Mdmの特徴は、iPhoneやandroidなどの多種端末を統一ポリシー下で管理できて、リモートロックやリモートワイプ、位置情報検出などの紛失・盗難対策機能を備えている製品になります。Mdm ツールの製品によってそれぞれ備わっている機能面は異なりますので、企業や会社にあったmdm製品を選んで管理をすることが何よりも重要になってきます。
またプラットフォームによって利用できるmdmも異なってきます。マルチプラットフォームに対応しているmdmの数も増えてきてはいます。
マルチデバイス時代の統合管理を実現するためにはmdmは欠かせません。Mdm管理をすることで、管理者の負担を軽減することができ、円滑にそして効率よりモバイルデバイス管理が可能でしょう。MDM MoDeM

no responses 業務利用のスマホの効率化を図るmdm

ビジネス業務で利用するスマートフォンや、タブレット端末などのスマートデバイスのセキュリティ対策、スマートデバイス端末の管理、ユーザー管理作業の効率化を実現したい企業はmdmツールでの一元管理をおすすめします。一元管理などを行わなくても管理者が一括して管理するので大丈夫・・とスマートデバイスの大量導入に対する危険性を甘く見ている方がいますが、これは非常に危険です。スマートフォンやタブレットで社外にが個人情報や会社の機密情報が漏れ出ていく可能性が大きく増えてしまいます。そのためそれ相応の対策を心がけておくことが重要になります。
Mdm製品の中にはスマートデバイスを実際に業務利用している企業の声を反映して作られた製品もあります。クラウド型mdmサービスは端末ロック、グループ単位でのアプリケーションの配信、インストール制御など、スマートデバイス端末を企業で導入する上で必ず必要となってくる機能が充実しています。www.ascentnet.co.jp

no responses データとデバイスセキュリティ機能

Mdm機能にはデータとデバイスセキュリティ機能があります。遠隔データ消去機能では、遠隔よりデータを削除します。削除する単位としては、全データ消去、OS以外消去、フォルダー単位、ファイル単位など細かく指定することができます。また削除前にはバックアップを取得することもできるので非常に便利な機能となっています。もしもスマートフォンやタブレット端末などのスマートデバイスを紛失したり、盗難されたりした時もこのmdm機能があれば第三者に情報が流出することはないので安心です。
デバイスロック機能は遠隔よりスマートデバイス端末をロックします。また一定期間ネット接続がない場合には、スマートデバイス側でロックスするコマンドを仕込むこともできるのです。管理者側はスマートデバイス端末にロック命令をすると、ロックされたスマートデバイス端末はロック状況のアップロードを行います。このようにデータとデバイスセキュリティ機能はmdmツールの中でも重要な機能となります。  mdm情報

no responses 教育現場でのタブレット導入で必要なmdmの機能とは?

教育現場でタブレットやスマホなどのスマートデバイスを導入する場合、mdmによる一元管理は欠かせません。端末をしっかりと設定、管理しておかなければ、授業で効率よくタブレットを利用することはできないからです。
mdmツールを利用して一元管理をすることで、遠隔からも各タブレットに一括で設定が可能になります。Wi-Fiやブックマークなどの設定、時間帯ごとのポリシー、進級や卒業時の設定変更なども簡単に行うことができます。また学習用のアプリケーションをサイレントに配布することもできます。例えば学年、科目ごとの配布であったり、アプリケーションのバージョンアップ、配布したアプリケーションの削除なども行えたりします。
その他、授業に不必要な利用の監視もmdm機能があれば簡単に行えます。例えばフェイスブックやインスタグラムなどのSNSやオンラインゲームの制限やウェブフィルタリングや違反アプリケーションの起動制御などが行えます。mdm情報

no responses mdmのデバイス管理と業務サポート機能

Mdm製品はスマートフォンやタブレット端末などのスマートデバイスにおいて紛失や盗難時にデータ保護や第三者による不正利用に対する懸念を解決できる機能がついています。その機能とはモバイルデバイス管理のことであり、モバイルデバイス管理の他、業務をサポートする機能も一体化しているmdmも登場しています。肝心のモバイルデバイス管理としては機能制限やパスコード設定の強制などデバイス制御、アプリケーション制御、androidのデバイス管理機能が停止した時の対応アクションを管理するなど色々な設定が可能です。
また業務サポート機能としてはファイルの一括転送、電話帳の共有、自社開発のアプリケーションの配布や専用ストレージなど、様々な機能が備わっています。
ポリシーを違反した時やmdmの機能が無効化になってしまったモバイルデバイスに関しては警告通知を発信させることで管理者に迅速に伝え、適切な対応をスムーズに行うことができるでしょう。mdm情報

no responses mcm機能付きのmdmとは?

Mcm機能を導入したmdm製品が近年人気を集めています。Mdmツールだけでは、スマートフォンやタブレットなどスマートデバイスの端末だけの管理になってしまいますが、mcm機能のあるmdm製品であり、モバイルコンテンツを管理することができるソリューションが入っているのでさらに管理がしやすくなります。
実際にスマートフォンなどスマートデバイスを利用しているエンドユーザーからしてみれば、モバイルコンテンツだけではなく、社内のファイルサーバのドキュメントにもモバイル環境からアクセスできるようになるので利便性はさらに高まるでしょう。
mdm製品の中には社内ファイルサーバへのモバイル環境からのアクセスを可能にして、モバイル上でのデータとファイルサーバ上のデータを自動的に同期することができるような製品もあります。
この機能によって、業務効率は一段と高まり、IT部門も既存の環境のまま、モバイル用途向けに開放することができます。
MDM 「モバイルデバイス管理」 サービス – MoDeM

no responses 管理の負担軽減、運用をスムーズにするmdmとは?

企業や教育機関でスマートフォンやタブレット端末などのモバイルデバイスを導入する場合、忘れてはいけないのがmdmの活用です。スマートフォンの企業での導入で気を付けるべき点が、管理の負担を削減し、運用をスムーズにすることできです。
業務の効率化をはかるためにスマホやタブレットなどのモバイルデバイス端末の導入が進んでいます。しかし様々な業務を抱えるのでモバイルデバイスの管理に時間を割くことが難しくなっているのが現状です。そこでmdmを利用することによって、日々の管理を無駄なく効率化させることができるのです。
Mdmツールでは端末の情報を自動取得するだけで、台帳や報告などの管理に必要な一連業務が簡単にできるようになります。またスマートフォンやタブレット端末の状態確認、分析、報告などの必要な一連業務が簡単に行えるようになります。mdmツールで効率よくモバイルデバイス端末の企業導入を行っていきたいですね。最近では、大量に導入する学校などで一括で全て行えるようにVPPがありますねVPPで一括でやるのが流行っていますね

no responses マルチデバイス化が進む時代でのmdmの立場とは

マルチデバイス化が進む近年、マルチデバイスの活用は企業の競争力を上げる上で避けては通れません。セキュリティリスクがあっても積極的にスマートフォンやタブレット端末などのマルチデバイスを活用して、そのリスクをmdmで保護するという発想が多くなっています。
Mdmにはセキュリティを守り、モバイルデバイス端末機器の管理を行うための多彩な機能が搭載されています。端末の利用台数が多い時には便利な機能があり、更新プログラムの一斉配信機能などを利用して、更新プログラムを一斉配信していきます。そのほかにも位置情報取得機能やアプリ利用制限機能、アプリ配信機能などいくつもの機能があり、これらの機能を上手に活用することでマルチデバイスをさらにうまく活用することができるのです。これらの機能はセキュリティ保護のための必要経費として導入されるのではなく、ビジネス上他社競争力に活用できる積極的で前向きな投資と考えられて導入できるのです。
現在のmdm情報を紹介します