2014年10月31日 archive

グーグルとの連携がヒットを加速

0

「東京ゲームショウ 2014」での話がとあるスマホ関連記事に載せられていました。今やスマホでゲームを楽しんでいる人はたくさん!私の知り合いでも30代以下の人達はSNSかゲームを常にやっている感じです。そのゲーム。「グーグルがAndroidでゲームの楽しみ方を変えた」と言われているそうです。ガラケーでもゲームを楽しむことは可能でしたがやはり画像などの情報量は限定的。しかしスマートフォンへと世代が変わったことでゲームは格段に進化し、家庭用ゲーム機にも劣らない映像や音楽を楽しむことが可能となりましたよね。グーグルではスマホだけではなくて「Android TVを使えば家庭用テレビでも楽しめる」とのこと。また、モンストを大ヒットさせているミクシィのCEOは、グーグルとの連携がこのゲームのヒットを加速したと言っていたそうです。単なるプラットフォームではなく、その先の事業にも大きな影響を与えているんですね~。

無料でVICSまで使える

0

ビジネスマンの方も多くのアプリを利用していると思いますが、ここではAndroidアプリの中でも人気の「Yahoo!カーナビ」をご紹介したいと思います。このYahoo!カーナビは、Googleマップのナビ機能では物足りない!という人にもおすすめのアプリだそうで、Yahoo!カーナビの特徴は何と言っても「国内初のVICS対応」ということ。行きたい場所へのルート案内の他にも、「渋滞や交通規制などの道路交通情報をリアルタイムに送信し、カー ナビゲーションなどの車載機に文字・図形で表示する画期的な情報通信システム」つまり、「VICS」の情報が無料で得らるというもの。これは本当に有難い!とくに渋滞が激しい場所や、時間帯によって渋滞する場所、そして交通規制がかけられている場所は、その土地に詳しくない人にはまるで分かりませんからね。VICSの情報を利用するためにはYahoo! IDが必要とのことなので、もしIDを取得していなければまずはこちらから準備しておくと良いですね!

iPhone 6Plusをあきらめた理由?

0

ここのところiPhone 6の話題がネット上には多く見かけられますが、今日見た記事にはこのiPhone 6をあきらめた理由というものが書かれていたんです^^なんだか興味が沸きませんか?^^その理由として、iOS8のインパクトのなさ、iPhone6でもなんとか老眼でも見える、あまりの変化のなさ、そしてサムスンのGalaxy Note Edgeに驚いた!などなど。。ありゃりゃ、最後にライバル会社の話題が出て、結局はiOSよりAndroidの方が良かった!!という結果だったそうです。やはりNote Edgeの側面の湾曲ディスプレイが好評のようでしたよ。またこのようなことも書かれていました。「iPhoneの本当の革命は、今年ではなく、来年ということは確実だ。今日、未来を垣間見るのか、未来が来てから未来を楽しむのか…。人それぞれのタイミングで未来を楽しもう!」と。今回はAndroidというかサムスンに軍配が挙がったようですが、来年また楽しみましょう♪という意味合いもありそうですね^^

安価な携帯電話に勝負を賭ける

0

日本ではアップルのiPhone 6の販売が始まり大きな話題となっていますが、一方でグーグルは新興市場をターゲットに安価なスマホで勝負を賭けているそうです。そのスマホの名称は「Android One」。インドを皮きりに、今年の末までにインドネシアやフィリピン、そしてその間に位置する国や地域での販売を目指し、さらには来年も販売国を増やしていく予定だとか。安価なスマホと言えば中国や台湾、そして韓国のメーカーが先に市場に出てきています。後者となったグーグルに勝ち目はあるのでしょうか?ただ、ある記事では、「総合的に見て、今回発表されたMicromax、Karbonn、Spiceが製造した3機種の端末仕様は、かなり優れているといっていいだろう。」と。地元の企業と手を組んだことで「ディスプレイ・サイズや色、ハードウェア・スペックやカスタム・ソフトウェアの面で様々な種類のAndroid Oneが登場することに期待を寄せている。」ともありました。このような話を聞くと、お・・グーグルも期待できるのでは・・?!と思ってしまいますよね^^

列では小競り合いも・・

0

待ちに待った日になったのでしょうか^^Appleの新製品iPhone 6とiPhone 6Plusがとうとう発売されましたね。各社セレモニーを行い、華々しくスタートを切ったようです。ただ、あるキャリアの販売店前に並んでいた列では、中国人と小競り合いになっている場面をテレビで見かけました。これまで待ち順でもめている様子なんて見たことありませんでしたが、中国人・・と聞いて何となく納得。彼ら、他の国の中の中にも「行列に並ぶ」ということをしない人が結構いるらしく、「ここは自分が取っていた!」などと後から来て言い合う場面が今回出てきたそうなんです。ではなぜ中国人が日本でiPhone 6を購入するのか・・それは、多分中国での販売が日本よりも遅いこと、そしてSIMロック解除になったこと。これらが大きな要因ということです。便利になると、逆にこのような面倒なことも増えてしまうものなんですね・・。