no responses 安価な携帯電話に勝負を賭ける

日本ではアップルのiPhone 6の販売が始まり大きな話題となっていますが、一方でグーグルは新興市場をターゲットに安価なスマホで勝負を賭けているそうです。そのスマホの名称は「Android One」。インドを皮きりに、今年の末までにインドネシアやフィリピン、そしてその間に位置する国や地域での販売を目指し、さらには来年も販売国を増やしていく予定だとか。安価なスマホと言えば中国や台湾、そして韓国のメーカーが先に市場に出てきています。後者となったグーグルに勝ち目はあるのでしょうか?ただ、ある記事では、「総合的に見て、今回発表されたMicromax、Karbonn、Spiceが製造した3機種の端末仕様は、かなり優れているといっていいだろう。」と。地元の企業と手を組んだことで「ディスプレイ・サイズや色、ハードウェア・スペックやカスタム・ソフトウェアの面で様々な種類のAndroid Oneが登場することに期待を寄せている。」ともありました。このような話を聞くと、お・・グーグルも期待できるのでは・・?!と思ってしまいますよね^^

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>