no responses クラウドサービス上での日本と他国にあるギャップ

オンラインストレージなどのクラウドサービスを導入している日本の企業は、他国よりも少ないそうです。クラウドサービス利用率は、他国と比べると半分ほど。それはどうしてか?それは日本が環境の変化を恐れているためだと思われます。日本ではクラウドサービスなどへの新たな基盤の導入は、リスクが高いと避ける傾向があるそう。結果、クラウドサービスへ社内の機密データを保管することに慎重になるあまり、導入になかなか乗り出せないのです。またクラウドで運用されているビッグデータ環境についても、日本での利用率の傾向は同じく低いそう。ビッグデータだとクラウドサービスよりもリスクが高くなりそうですもんね。クラウドサービスは利便性が高い分、リスクも大きくなります。しかしクラウドサービスを活用しなければグローバルな競争社会では勝ち残っていけないのも事実。自社システムは脆弱だと認識し、危機感をもって、保存データ保護のために企業はどんな対策を取るべきかを考えれば、答えは自ずと見えてくると思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>