2016年1月21日 archive

スマートフォンを内線化するメリット

0

スマートフォンの端末コストを削減するため、BYOD(私物端末の業務使用)を採用する企業が増えています。コスト削減できて、業務効率化も実現できたら一石二鳥ですからね。しかしそこには課題もあるそう。「毎月、業務通話とプライベート通話を区別して精算しなければならないこと」「スマートフォンではパーク保留や転送ができないこと」「プライベートの電話番号を顧客に教えるか否か」など…それらを解決するのが「スマートフォンの内線化」です。これはスマートフォンをオフィスの内線固定電話と同様に使えるようにするということ。メリットは、モバイルでも会社の内線番号と固定電話番号で発着信が可能になるので、業務通話とプライベート通話を区別することができるということです。精算の手間も省けて、従業員に業務用の通話料金を負担させないで済みますよね。また社内外問わず保留や転送、コールピックアップ機能などという従来の内線電話と同じ機能がスマートフォンでも使えるようになります。以上のことから「スマートフォンの内線化」は、合理的な業務活用を実現できると思いますよ。

スマートフォンを内線化するメリット

0

スマートフォンの端末コストを削減するため、BYOD(私物端末の業務使用)を採用する企業が増えています。コスト削減できて、業務効率化も実現できたら一石二鳥ですからね。しかしそこには課題もあるそう。「毎月、業務通話とプライベート通話を区別して精算しなければならないこと」「スマートフォンではパーク保留や転送ができないこと」「プライベートの電話番号を顧客に教えるか否か」など…それらを解決するのが「スマートフォンの内線化」です。これはスマートフォンをオフィスの内線固定電話と同様に使えるようにするということ。メリットは、モバイルでも会社の内線番号と固定電話番号で発着信が可能になるので、業務通話とプライベート通話を区別することができるということです。精算の手間も省けて、従業員に業務用の通話料金を負担させないで済みますよね。また社内外問わず保留や転送、コールピックアップ機能などという従来の内線電話と同じ機能がスマートフォンでも使えるようになります。以上のことから「スマートフォンの内線化」は、合理的な業務活用を実現できると思いますよ。

スマートフォンを内線化するメリット

0

スマートフォンの端末コストを削減するため、BYOD(私物端末の業務使用)を採用する企業が増えています。コスト削減できて、業務効率化も実現できたら一石二鳥ですからね。しかしそこには課題もあるそう。「毎月、業務通話とプライベート通話を区別して精算しなければならないこと」「スマートフォンではパーク保留や転送ができないこと」「プライベートの電話番号を顧客に教えるか否か」など…それらを解決するのが「スマートフォンの内線化」です。これはスマートフォンをオフィスの内線固定電話と同様に使えるようにするということ。メリットは、モバイルでも会社の内線番号と固定電話番号で発着信が可能になるので、業務通話とプライベート通話を区別することができるということです。精算の手間も省けて、従業員に業務用の通話料金を負担させないで済みますよね。また社内外問わず保留や転送、コールピックアップ機能などという従来の内線電話と同じ機能がスマートフォンでも使えるようになります。以上のことから「スマートフォンの内線化」は、合理的な業務活用を実現できると思いますよ。

『ふるさとテレワーク全国PR会議』Web会議で開催

0

『ふるさとテレワーク推進のための地域実証事業』が発足し、すでに全国15の地域にて実証実験が始まっています。そもそもテレワークって何?という方のために説明すると、テレワークとは時間や場所などにとらわれない情報通信技術(ICT)を活用した柔軟な働き方のこと。テレ(tele = 離れた所)とワーク(work = 働く)を合わせた造語なんですよ。パソコンやインターネットを使って働く在宅勤務だけでなく、外出先でスマートフォンなどを使って仕事をするモバイルワークや、勤務先以外のオフィススペースでパソコンなどを使って働くサテライトオフィス勤務なども含まれるそう。育児や介護者、身体障害の他にも営業マンや部分在宅勤務者に適していますね。12月17日、実証実験を行っている全国15地域と東京がWeb会議を開きました。その名も『ふるさとテレワーク全国PR会議』です。そこで報告されたのは、テレワークを実施して生産性向上を実現したことや、企業の人材確保を支援する地域が出てきているということだったんですよ。上手くいっているみたいですね。テレワークという新しい働き方は今後も注目される分野だと思います。

『ふるさとテレワーク全国PR会議』Web会議で開催

0

『ふるさとテレワーク推進のための地域実証事業』が発足し、すでに全国15の地域にて実証実験が始まっています。そもそもテレワークって何?という方のために説明すると、テレワークとは時間や場所などにとらわれない情報通信技術(ICT)を活用した柔軟な働き方のこと。テレ(tele = 離れた所)とワーク(work = 働く)を合わせた造語なんですよ。パソコンやインターネットを使って働く在宅勤務だけでなく、外出先でスマートフォンなどを使って仕事をするモバイルワークや、勤務先以外のオフィススペースでパソコンなどを使って働くサテライトオフィス勤務なども含まれるそう。育児や介護者、身体障害の他にも営業マンや部分在宅勤務者に適していますね。12月17日、実証実験を行っている全国15地域と東京がWeb会議を開きました。その名も『ふるさとテレワーク全国PR会議』です。そこで報告されたのは、テレワークを実施して生産性向上を実現したことや、企業の人材確保を支援する地域が出てきているということだったんですよ。上手くいっているみたいですね。テレワークという新しい働き方は今後も注目される分野だと思います。

『ふるさとテレワーク全国PR会議』Web会議で開催

0

『ふるさとテレワーク推進のための地域実証事業』が発足し、すでに全国15の地域にて実証実験が始まっています。そもそもテレワークって何?という方のために説明すると、テレワークとは時間や場所などにとらわれない情報通信技術(ICT)を活用した柔軟な働き方のこと。テレ(tele = 離れた所)とワーク(work = 働く)を合わせた造語なんですよ。パソコンやインターネットを使って働く在宅勤務だけでなく、外出先でスマートフォンなどを使って仕事をするモバイルワークや、勤務先以外のオフィススペースでパソコンなどを使って働くサテライトオフィス勤務なども含まれるそう。育児や介護者、身体障害の他にも営業マンや部分在宅勤務者に適していますね。12月17日、実証実験を行っている全国15地域と東京がWeb会議を開きました。その名も『ふるさとテレワーク全国PR会議』です。そこで報告されたのは、テレワークを実施して生産性向上を実現したことや、企業の人材確保を支援する地域が出てきているということだったんですよ。上手くいっているみたいですね。テレワークという新しい働き方は今後も注目される分野だと思います。

iOSデバイスユーザーが心掛けなくてはいけないこと

0

仕事でもプライベートでもiPhoneなどのiOSデバイスを利用しているという人は多いと思います。iOSは安全だと思っている人も多いでしょう。でもそれはひと昔前の話。2012年にApp Storeで配布されていた不正アプリ『Find and Call』の登場から、去年2014年には初めてiOSでのウィルス感染が確認されているんですよ。iOSの安全神話はもう過去のもの…現在におけるiOSウィルスの種類・規模・被害はともにAndroid並みに近づいてきているのです。対策としてセキュリティ対策ソフトを入れるという方法が考えられますが、今出回っているiOSのセキュリティ対策ソフトも、iOSのソースコードはアップルが独占しているために、ウィルス自体を無効化して駆除するものではないのです。だからこそ私たちユーザーが心掛けることでセキュリティの壁を高くしなければなりません。例えば、「安易にMailのリンクや添付ファイルを開いたりしないこと」「公衆Wi-Fiや無料Wi-Fiを利用する際は出来るだけ暗号化+VPNにすること」「怪しいサイトにアクセスしないこと」「パソコンとの接続&アプリのダウンロード時は相当に気をつけること」などが挙げられます。要はiOSデバイスだからといって気を抜かないことが大切なのです。ユーザーが安心安全にネットを利用したり仕事ができるように、ウィルス駆除ができる対策ソフトの登場を私も願っています。

iOSデバイスユーザーが心掛けなくてはいけないこと

0

仕事でもプライベートでもiPhoneなどのiOSデバイスを利用しているという人は多いと思います。iOSは安全だと思っている人も多いでしょう。でもそれはひと昔前の話。2012年にApp Storeで配布されていた不正アプリ『Find and Call』の登場から、去年2014年には初めてiOSでのウィルス感染が確認されているんですよ。iOSの安全神話はもう過去のもの…現在におけるiOSウィルスの種類・規模・被害はともにAndroid並みに近づいてきているのです。対策としてセキュリティ対策ソフトを入れるという方法が考えられますが、今出回っているiOSのセキュリティ対策ソフトも、iOSのソースコードはアップルが独占しているために、ウィルス自体を無効化して駆除するものではないのです。だからこそ私たちユーザーが心掛けることでセキュリティの壁を高くしなければなりません。例えば、「安易にMailのリンクや添付ファイルを開いたりしないこと」「公衆Wi-Fiや無料Wi-Fiを利用する際は出来るだけ暗号化+VPNにすること」「怪しいサイトにアクセスしないこと」「パソコンとの接続&アプリのダウンロード時は相当に気をつけること」などが挙げられます。要はiOSデバイスだからといって気を抜かないことが大切なのです。ユーザーが安心安全にネットを利用したり仕事ができるように、ウィルス駆除ができる対策ソフトの登場を私も願っています。

法人向けリアルタイム会議支援アプリを提供スタート

0

MetaMoJiという会社が、今月の1日に法人向けリアルタイム会議支援アプリを提供スタートさせたそうです。そのアプリの名称は「MetaMoJi Share for Business」。今回の提供はAndroid版ということなのですが、すでにiOS版は提供されているのかそれともAndroidは最初だったのか・・そこはちょっとわかりません。。このMetaMoJi Share for Businessアプリを使うことで何ができるかと言うと「ペーパーレス化、業務効率化を可能にする、タブレットの特性を活かした会議」が可能となるとか。このようなアプリを法人向けのスマートフォンやタブレットに入れている人、結構いるんでしょうか?それとも、あんまり使ってないな~、という感じなんでしょうかね?一般的なビジネスマンって自分の仕事に熱中するあまり、このようなニュースには疎いんじゃないかな~、と思いますね。せっかく便利なツールがあったとしても、それを知り、インストールしないことには効率化なんてありませんからね。社内にこのようなニュースをいち早く持ち込める人を作ることも、また必要なんでしょうね~。

法人向けリアルタイム会議支援アプリを提供スタート

0

MetaMoJiという会社が、今月の1日に法人向けリアルタイム会議支援アプリを提供スタートさせたそうです。そのアプリの名称は「MetaMoJi Share for Business」。今回の提供はAndroid版ということなのですが、すでにiOS版は提供されているのかそれともAndroidは最初だったのか・・そこはちょっとわかりません。。このMetaMoJi Share for Businessアプリを使うことで何ができるかと言うと「ペーパーレス化、業務効率化を可能にする、タブレットの特性を活かした会議」が可能となるとか。このようなアプリを法人向けのスマートフォンやタブレットに入れている人、結構いるんでしょうか?それとも、あんまり使ってないな~、という感じなんでしょうかね?一般的なビジネスマンって自分の仕事に熱中するあまり、このようなニュースには疎いんじゃないかな~、と思いますね。せっかく便利なツールがあったとしても、それを知り、インストールしないことには効率化なんてありませんからね。社内にこのようなニュースをいち早く持ち込める人を作ることも、また必要なんでしょうね~。