no responses モバイルデバイスのコンプライアンスについて

さまざまな企業でスマートフォンなどのモバイル活用が広がっている今、IT管理者は従業員所有のデバイス内に保存されているデータの保護とコンプライアンスに配慮する必要があります。これはデータの安全な保存・処理に関して、企業が厳守しなければならない法律やポリシーが存在するということ。しかし個人所有のモバイルデバイスにおいて、それを実現できているケースは実際には少ないでしょう。例えば会社支給のパソコンであればIT管理者が詳細に監視したり機能制限したりする技術があるわけですが、個人所有のモバイルデバイスはそうはいきませんよね。従業員が勝手に企業データにセキュリティの確保されていないネットワーク経由でアクセスすることができるからです。その上クラウドサービスがモバイルデバイスのコンプライアンスを更に複雑にしています。なぜならクラウドプロバイダーがデータの管理や保存をするわけですが、そのデータの責任者が企業になるからです。これらが個人所有のモバイルデバイスのセキュリティ対策が難しいと言われる理由なのですね。「スマートフォンはパソコンと同じだ」と思い込んでいるとコンプライアンスに違反してしまうので注意が必要だということです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>