no responses CRMを導入する意味

営業活動で新規の顧客を開拓することは、大変な労力とコストがかかります。そこで登場したのが、CRM(Customer Relationship Management=顧客管理システム)なのです。これは既存の顧客との関係をより深めていくことで、これまで蓄積してきた情報を活用し、適切なタイミングで顧客のニーズに応える提案する…そうやって売上を伸ばしていこうというもの。顧客との関係性を深め、顧客一人一人を大切にした営業活動を行うためには、過去の商談履歴やプロセス、問い合わせやクレーム情報についてきちんと把握する必要がありますよね。従来、そういった顧客情報は、営業担当者個人が管理しているケースがほとんどでした。が、属人化した営業体制では組織で蓄積してきた情報を活用することはできません。顧客との関係性を深めていくためには「顧客情報の集約」と「部署部門を越えた一元管理」が必要不可欠なのです。そんな組織による顧客管理を実現するのが、CRMの役割だといっていいでしょう。ただしCRMは、ただ導入しただけでは何の成果も生みませんよ。情報を蓄積・分析・改善するというPDCAサイクルを回し続けること…その繰り返しが、大きな成果につながっていくのです。主役はあくまで人間である社員だということを忘れてはいけませんね。KnowledgeSuite

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>