2016年11月15日 archive

透明化によるメリットとは

0

顧客情報や営業活動がSFAによって透明化されることで、実際にはどのようなメリットが生まれるのか知っていますか?

まず、顧客情報が見える化されるということは、氏名、住所など属性の見える化のほか、マーケティングに必要な顧客嗜好なども把握できるようになります。もっと分析が進めば顧客が本当はどのようなものを求めているのか、またどんな要望を持っているのか、あるいは苦情やクレームといったマイナスな面も把握できるようになります。企業にとって、これらの情報は非常に価値の高いものになるんです。

そして、営業活動の透明化により、営業プロセスも見える化できます。誰がどこの会社を担当し、いつ、どのような商談を行ったのかも確認しやすくなるんです。もし、営業担当者が急に病気になったり退職することになっても、営業プロセスを確認することで、誰が引き継いでも取引先に迷惑をかけることが無いんですね。

一見、透明化のメリットはそのサービスを使う会社にあるち思いがちですが、実は顧客にもわからないところでメリットがあったんですね。

https://knowledgesuite.jp/service/sfa.html

ワークスタイル変革のために必要なこと

0

現在の日本が抱える問題は多いけれど、少子高齢化が進み労働力人口が急速に減少してきているというのもその1つですね。この現状を放置しておくと、企業の人材確保が困難になりかねないのは明らか。そこでインターネットやスマホなどのITツールを使って、多種多様な働き方ができる環境を整備していこうというのが、安倍首相が内閣官房に設置した「働き方変革推進室」なのです。ITツールを活用すれば生産性を高められるだけでなく、出産や介護などで退職を余儀なくされていた社員をつなぎ止めることができます。こうした『ワークスタイル変革』は、今国民の大きな関心事となっているという。事実、スマホなどのモバイル端末の高性能化や小型化は進んでいるし、高速無線ネットワークや情報共有ツールなどの周辺環境は整ってきているといえるでしょう。が、そうした取り組みに着手したにも関わらず、想定していた程の成果が上がらなかったという声も少なからずあるそう。原因は、「組織としての目的の明確化」がされていなかったからだと考えられます。これを基に社員が一丸となって変革を進めていく必要があるのですね。

優先順位が低いと思われた情報も一元管理

0

営業マンが日々集めた営業情報も、時間的に制限のある会議ではすべてを報告することはできません。そのため、営業マンはこれだけは重要!優先順位が高いと思われる情報だけを報告することになります。

また、商談がまとまらなかった営業活動に関しては、すべてを消去してしまう可能性だってあります。これら、優先順位が低い情報、成果が出なかった営業プロセスも、実は貴重な情報資産だったりすることがあるんです。今の自分や会社には貴重と思えなくても、今後この情報が役立つときがあるかもしれません。そのためには、これらの情報をきちんと集約し、管理することが重要なんです。

SFAでは「顧客情報や営業プロセスの管理・共有で営業活動の可視化や業務の効率化」ができるほか、「情報資産収集の効率化と有効活用実現」が可能となります。

営業マンが毎日身を粉にして集めてきた情報を、余すところなく役立てるためにも、このような営業支援ツールが必要なんですね。

KnowledgeSuite