no responses 優先順位が低いと思われた情報も一元管理

営業マンが日々集めた営業情報も、時間的に制限のある会議ではすべてを報告することはできません。そのため、営業マンはこれだけは重要!優先順位が高いと思われる情報だけを報告することになります。

また、商談がまとまらなかった営業活動に関しては、すべてを消去してしまう可能性だってあります。これら、優先順位が低い情報、成果が出なかった営業プロセスも、実は貴重な情報資産だったりすることがあるんです。今の自分や会社には貴重と思えなくても、今後この情報が役立つときがあるかもしれません。そのためには、これらの情報をきちんと集約し、管理することが重要なんです。

SFAでは「顧客情報や営業プロセスの管理・共有で営業活動の可視化や業務の効率化」ができるほか、「情報資産収集の効率化と有効活用実現」が可能となります。

営業マンが毎日身を粉にして集めてきた情報を、余すところなく役立てるためにも、このような営業支援ツールが必要なんですね。

KnowledgeSuite

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>