no responses ワークスタイル変革のために必要なこと

現在の日本が抱える問題は多いけれど、少子高齢化が進み労働力人口が急速に減少してきているというのもその1つですね。この現状を放置しておくと、企業の人材確保が困難になりかねないのは明らか。そこでインターネットやスマホなどのITツールを使って、多種多様な働き方ができる環境を整備していこうというのが、安倍首相が内閣官房に設置した「働き方変革推進室」なのです。ITツールを活用すれば生産性を高められるだけでなく、出産や介護などで退職を余儀なくされていた社員をつなぎ止めることができます。こうした『ワークスタイル変革』は、今国民の大きな関心事となっているという。事実、スマホなどのモバイル端末の高性能化や小型化は進んでいるし、高速無線ネットワークや情報共有ツールなどの周辺環境は整ってきているといえるでしょう。が、そうした取り組みに着手したにも関わらず、想定していた程の成果が上がらなかったという声も少なからずあるそう。原因は、「組織としての目的の明確化」がされていなかったからだと考えられます。これを基に社員が一丸となって変革を進めていく必要があるのですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>