2017年4月23日 archive

3回やってもダメなことも

0

3回、導入をやってみても結果ダメだった・・そんなことがSFAの導入にはあるそうです。SFAとは「営業の業務効率化のための情報通信技術を使った営業支援ツール」のこと。日本でも1990年代から導入が進められていたようですが、全国にアッと言う間に広まったということは無いんですよね。

それは費用のこと、馴染みが薄いこと、そして実際に導入した企業では、使い方に苦慮していること、成果がハッキリ出せないことなどが挙げられるようです。ただ、最近ではクラウド型が多くサービスされるようになりコ費用の面ではクリアできる企業が増え、営業支援ツールの重要性もだんだんと広まってきています。また、使いにくいと言われていた作業画面や機能も、日本人に合うような仕様になっていたり、たくさんの機能を詰め込むのではなくて、シンプルで解りやすい機能から始めましょう!というサービスも出てきています。さらには、導入時から運用中もサポート体制がしっかりと整っているサービスも。

3回ダメだった企業さんも、4回目にはクリアできると期待したいですね^^