no responses 情報を駆使した営業がこれからの営業には重要である

営業マンに毎日営業案件や日報の入力を義務化するのに、上司の方たちも大変な苦労をされていると思います。どのような仕事でもそうですが、全てが自分の気に入るようなことばかりでは無いですよね。自分の意向に沿わなくてもそれが会社の利益に繋がることであれば、やはり営業マンはそれを実行する必要がある、ということを認識させなくてはいけません。

しかし、頭ごなしに「SFAの入力は必須だからな!絶対に商談が終わったらその都度入力するように!」と言っても、会社として欲しい情報は入力されないかもしれません。営業マンには自分が会社の組織の中でどのような立ち位置で営業を行わなければいけないのか、そして自分が入力すべき内容はどのようなことで、会社が必要としている情報はどのようなことなのか、これをハッキリと分かっておく、知らせておくことが上司としては重要なんですね。

集めた情報がどれだけ会社にとって有益なものであり、これからの会社の増益にはこの情報を駆使した戦略が功を奏するんだ、ということをじっくりと教えていきましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>