no responses 教育機関ではiPadの導入が進む

教育機関へタブレット端末などのモバイルデバイスの導入が急速に進んでいます。特に操作性や教育系のアプリの充実から、apple社のiPadを使用してITC教育を進める教育機関は非常に多いです。教育機関でiPadが導入されることによって授業の効率が高まり、より分かりやすく、より手軽に授業を進めることができるようになります。ただiPadを授業内で使用するにあたり、運用管理をしっかりしなければトラブルが起こりやすいのも事実です。安全にiPadを教育機関で活用するためにはどのようなセキュリティ対策をおこなえばよいのでしょうか?
教育機関がiPadを効率的、そして効果的に活用するにはセキュリティ、運用管理面でいくつもの課題があります。セキュリティ面、運用管理面の問題を解決する方法の1つがmdmなのです。Mdmを利用することによって多数あるiPadの管理を一括して行うことができ、アプリの削除や使用制限などを行うことができ、授業以外で生徒がむやみに使ってしまうことを防ぐことができます。また紛失、盗難の際にも個人情報が外部に漏れないように、情報をすべて削除する機能も付いています。
mdmとは

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>