no responses マルチデバイス化が進む時代でのmdmの立場とは

マルチデバイス化が進む近年、マルチデバイスの活用は企業の競争力を上げる上で避けては通れません。セキュリティリスクがあっても積極的にスマートフォンやタブレット端末などのマルチデバイスを活用して、そのリスクをmdmで保護するという発想が多くなっています。
Mdmにはセキュリティを守り、モバイルデバイス端末機器の管理を行うための多彩な機能が搭載されています。端末の利用台数が多い時には便利な機能があり、更新プログラムの一斉配信機能などを利用して、更新プログラムを一斉配信していきます。そのほかにも位置情報取得機能やアプリ利用制限機能、アプリ配信機能などいくつもの機能があり、これらの機能を上手に活用することでマルチデバイスをさらにうまく活用することができるのです。これらの機能はセキュリティ保護のための必要経費として導入されるのではなく、ビジネス上他社競争力に活用できる積極的で前向きな投資と考えられて導入できるのです。
現在のmdm情報を紹介します

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>