2018年2月25日 archive

発展途上中のmdm

0

スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末の普及は、企業にビジネスのスピード感をもたらしてくれます。さらに利便性もアップするでしょう。しかしスマートデバイス端末の導入はよいことだけではありません。IT資産としての管理の難しさもありますし、スマートデバイス端末の紛失や盗難などによる悪用が起こる可能性もゼロではありません。悪用によるセキュリティリスクなどのマイナスな部分もたくさんあるのです。このような課題に対して対策をしたmdmツールもたくさん登場しているのです。
Mdmツールの中にはハードウェアのスペック情報、インストールされているソフトウェア、アプリケーションなどのインベントリ情報はもちろんですが、買取やリースなどの機器の調達情報なども全て一元管理できるものもあります。
スマートデバイス端末の導入は近年急速に進んでおり、スマートデバイス端末の管理を行いたいという企業のニーズも5年ほど前から出てきたため、mdmツールの開発もまだまだ発展途上なのです。www.ascentnet.co.jp/mdm-modem/tag/mdm%E3%81%A8%E3%88%AF/

教育現場でのmdmの活用方法

0

タブレットを導入した学校ではタブレットを使用した学習を進めることができます。目で見て、実際に自分で操作することによって子供の学習理解力は上がっていきますし、授業に対するやる気にもつながります。
生徒1人1人にタブレットを配布するとなると、非常にたくさんのスマートデバイス端末を導入しなければなりません。その時に役立つのがmdmツールによる一元管理です。Mdmツールによって一元管理をすることで、スマートデバイス端末を円滑に管理、使用することができるのです。
例えば英語の聞く、読む、話す、書くという4つの技能を伸ばすためにタブレットを使用したいとなった時に、リスニングによい機能のあるアプリ、スピーキングアップにつながるアプリなど、目的別にアプリを使い分けることがベストになることがあります。このようなアプリの管理もmdmツールによって一元管理をしておけば的確にアプリ管理ができるようになるわけです。タブレット端末に直接的に手を触れなくても一括してアプリの配信、設定ができるのは非常に魅力的ですね。VPPとは?法人・教育機関向けアプリ配信プログラム

アプリの利用制限ができるmdm

0

スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末を一元管理するために欠かせないmdmツールには色々な機能がついています。その中でもアプリケーションの利用制限機能はセキュリティ設定、監視設定として重要な機能の1つになってきます。
アプリ利用違反デバイスの自動探知はクリストで利用アプリの監視が可能になっています。違反アプリのインストールを自動で探知して、アラートを通知することが可能です。また違反アプリの利用を制限する機能もあります。
違反アプリに関する機能だけではなく、mdmでは必須アプリをきちんとインストールしているかどうか?をチェックする機能もついています。必須アプリの未インストールを自動探知する機能では、必須アプリがインストールされていないことを探知したら、アラートを通知してくれます。そのほか、必須アプリの自動配信やポリシー違反デバイスの自動探知、位置情報の定期取得などの機能も可能です。www.ascentnet.co.jp/mdm-modem/

タグ端末によるmdm管理

0

スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末を企業で導入する場合、大企業であれば導入するスマートデバイス端末の量はかなりの数になります。それらすべてを一元管理するのは管理者だけの手では非常に難しく、一元管理できる管理ツールをうまく利用して円滑に管理を行っていく必要があります。それがmdmツールになるのです。Mdm管理で行える機能はいくつもありますが、タグ情報による設定構成機能(端末タグ)も管理機能の1つです。端末タグ端末ごとに異なる設定値の作成、配信の効率化を実現できる管理者向けの管理機能になります。一般的な設定方法であれば、設定値ごとに別のファイルを作成、配信する必要があり、管理者の負担はとてもつもなく大きいです。丸一作業になってしまうこともあるでしょう。例えば100人いれば100個の設定ファイルを作って、ファイルと端末の対を選んで100回配信しなければなりません。しかしタグ端末の機能があれば、異なる値をもつ設定項目はタグで共通化し、管理効率を圧倒的に向上することが可能です。配信も一括で楽々に行えるでしょう。スマートデバイスの安全管理

業務活用を支えるmdm

0

Mdmというのはスマートフォンやタブレットの業務活用が一般化するのと同時に注目され始めたモバイル端末管理のことであり、新ジャンルの製品になります。Mdmのリリースはここ数年増えており、現在の市場規模はかなり大きいと言われています。
Mdmの特徴は、iPhoneやandroidなどの多種端末を統一ポリシー下で管理できて、リモートロックやリモートワイプ、位置情報検出などの紛失・盗難対策機能を備えている製品になります。Mdm ツールの製品によってそれぞれ備わっている機能面は異なりますので、企業や会社にあったmdm製品を選んで管理をすることが何よりも重要になってきます。
またプラットフォームによって利用できるmdmも異なってきます。マルチプラットフォームに対応しているmdmの数も増えてきてはいます。
マルチデバイス時代の統合管理を実現するためにはmdmは欠かせません。Mdm管理をすることで、管理者の負担を軽減することができ、円滑にそして効率よりモバイルデバイス管理が可能でしょう。MDM MoDeM

業務利用のスマホの効率化を図るmdm

0

ビジネス業務で利用するスマートフォンや、タブレット端末などのスマートデバイスのセキュリティ対策、スマートデバイス端末の管理、ユーザー管理作業の効率化を実現したい企業はmdmツールでの一元管理をおすすめします。一元管理などを行わなくても管理者が一括して管理するので大丈夫・・とスマートデバイスの大量導入に対する危険性を甘く見ている方がいますが、これは非常に危険です。スマートフォンやタブレットで社外にが個人情報や会社の機密情報が漏れ出ていく可能性が大きく増えてしまいます。そのためそれ相応の対策を心がけておくことが重要になります。
Mdm製品の中にはスマートデバイスを実際に業務利用している企業の声を反映して作られた製品もあります。クラウド型mdmサービスは端末ロック、グループ単位でのアプリケーションの配信、インストール制御など、スマートデバイス端末を企業で導入する上で必ず必要となってくる機能が充実しています。www.ascentnet.co.jp