no responses 教育現場でのmdmの活用方法

タブレットを導入した学校ではタブレットを使用した学習を進めることができます。目で見て、実際に自分で操作することによって子供の学習理解力は上がっていきますし、授業に対するやる気にもつながります。
生徒1人1人にタブレットを配布するとなると、非常にたくさんのスマートデバイス端末を導入しなければなりません。その時に役立つのがmdmツールによる一元管理です。Mdmツールによって一元管理をすることで、スマートデバイス端末を円滑に管理、使用することができるのです。
例えば英語の聞く、読む、話す、書くという4つの技能を伸ばすためにタブレットを使用したいとなった時に、リスニングによい機能のあるアプリ、スピーキングアップにつながるアプリなど、目的別にアプリを使い分けることがベストになることがあります。このようなアプリの管理もmdmツールによって一元管理をしておけば的確にアプリ管理ができるようになるわけです。タブレット端末に直接的に手を触れなくても一括してアプリの配信、設定ができるのは非常に魅力的ですね。VPPとは?法人・教育機関向けアプリ配信プログラム

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>