2018年3月28日 archive

mdmの基本機能

0

企業では、従業員がスマートフォンやタブレットを使用するために、mdmの導入が必要となってきます。企業での大量のスマートデバイス端末の導入は、業務効率アップにつながるため、近年では多くの企業がスマートデバイス端末をビジネスで利用しています。Mdmは企業の大量のスマートデバイス端末を一元管理し、スマートフォンなどを紛失したり、盗難にあったりした時の外部への情報漏えいを予防する対策になる他、スマートフォンなどを不正利用させないための防止策やセキュリティポリシーの一斉適用によるスマートデバイス管理の効率化に役立つ機能がたくさん搭載されているのです。
Mdmの基本的な機能として、リモートロック、リモートワイプ、デバイス利用制限、スマートデバイス端末の情報取得、Jailbreak、root化探知機能などがあります。リモートロックでは遠隔地からスマートデバイス端末をロックする機能であり端末紛失時に遠隔操作で使用できないようにしてくれます。MDMによるスマートデバイスの安全管理

mdmの管理者アカウント作成機能

0

mdmツールは企業や教育機関などで大量のスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末を導入する場合に一元管理できるツールとなっています。Mdmの機能は様々ですが、管理者アカウント作成や権限設定は非常に重要な機能です。
複数の管理者が役割を分担してスマートデバイス端末を管理する場合、管理者アカウント作成や権限設定が必要となります。柔軟な権限付与設定ができるようなmdmであれば、部門編成、運用体制に合わせて活用することができ、管理者それぞれの手間を軽減することができますし、効率よいスマートデバイス端末管理が可能でしょう。例えば、IT管理の責任者はフル権限を持つと設定し、拠点のIT管理者はアプリ配信、利用状況確認権限、部門の担当者は端末紛失時対策権限のみなど、管理者ごとに権限を変えておくことでより効率的なデバイス管理がスムーズに行えるようになるのです。このような機能はmdmツールにとって欠かせません。MDM MoDeM

mdmの基本となる端末紛失時対策

0

Mdmツールでスマートデバイス端末を一元管理することは企業にとって欠かせません。大量のスマートフォンやタブレット端末を導入した場合、管理者が全てを管理、設定するのは非常に大きな負担になります。そこでmdmツールを上手に活用することで管理者の負担を軽減し、効率よくスマートデバイス端末を利用できるようになるのです。
Mdmツールには様々な機能が備わっていますが、その中でも基盤となってくるのがセキュリティ面です。スマートデバイス端末紛失時の情報漏えい対策、さらにはセキュリティポリシー強化など万全のセキュリティ対策を実現してくれます。その中でも端末紛失時対策は基本中の基本ともいえる機能の1つ。万が一スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末を紛失したり、盗難したりした場合でも、遠隔操作で情報漏えいを防止することができるのです。
端末紛失時対策としての主な機能としては、リモートワイプ、リモートロックなどがあります。リモートワイプ

端末変化の設定を自動変更してくれるmdm

0

企業でスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末を大量導入する場合、管理者だけで管理をするのは非常に大変です。そこで業務効率アップやセキュリティ対策として、スマートデバイス端末を導入する時にmdmの導入も行う企業が増えています。Mdm製品を提供する会社も増えてきており、それぞれのmdm製品にも特色があるため、各企業のニーズに合致した機能を持つmdmを選ぶ必要があります。
特に次世代mdmと呼ばれる製品は、スマートデバイス端末変化に対応して設定を自動変更することが可能です。自動的に設定を変更できるmdmツールを使えば、スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末のセキュリティリスクに対して迅速に対応することが可能です。また端末変化に対応して自動で設定を変更できる機能はスマートフォンやタブレットを使う企業で業務の効率化に大きく寄与してくれます。これからmdmを導入するという時には、端末変化に応じた設定の自動変更が可能なmdmがおすすめです。MDMの選び方のポイント