2018年4月28日 archive

スマホのリモートワイプ機能とは?

0

リモートワイプはmdmソリューションお会社が提供しますが、3つの要素で構成されています。1つ目はスマートフォンなどの端末側ソフトウェア、2つ目がサーバー側ソフトウェア、3つ目が通信回線になります。リモートワイプは指示の反映方法、ワイプの内容などが異なります。
リモートワイプの課題としてはスマートフォンが圏外で通信できなくなったり、スマートデバイス端末が電源オフで指示することができなくなったりした場合の対策です。考慮する仕組みや機能を用意している会社も多く、指定時刻になったら電源を強制的にオンにできるような機能を備えているmdmソリューションもあるのです。
iPhoneではiPhoneを探すという機能の中にリモートワイプ機能が含まれています。iPhoneを探す機能をオンにしておけば、iPhoneを落としてしまった時でも第三者の手によって情報が流出する危険性を回避することができるのです。
特別な設定はないですが、設定自体は紛失前にしておかなければならないため、すぐに設定しておくことをおすすめします。詳しくはこちら

mdm市場が大きくなるわけ

0

スマートフォンやタブレットは業務効率を向上させる画期的なツールとなっています。
また最近では教育現場でのモバイルデバイス端末の導入が進められており、企業だけではなく、学校などでスマートデバイス端末が大量に管理されている現状があります。この現状によってmdm市場もここ1~2年でさらに拡大しているのです。
小規模から大規模まであらゆるモバイルデバイス管理をするためにはmdmソリューションが欠かせません。
Mdmソリューションは様々なサービスが提供されています。
Mdm市場シェアの大きいmdmもあれば、教育機関での一括管理におすすめのmdmなどもあります。
Mdmソリューションは情報漏えいや不正利用、端末管理の負担など様々な課題を解決できます。
Mdmソリューションを用いれば簡単にセキュリティ対策を実現でき、遠隔からのロック操作、データ消去操作を行い、クリティカルな事態を回避できるでしょう。セキュリティ強固のためにはmdmは欠かせません。MDMとは?企業のモバイルデバイスを安全管理

byodに対応できるmdmソリューションを選ぼう

0

使い慣れた自分のスマホやタブレット端末を会社の業務でも使いたい!このような従業員側のニーズは多いです。また企業側としては会社で購入するスマートフォンやタブレットなどの端末費用を削減したいという想いがあることが、両者のニーズがマッチするのがbyodです。しかし企業でbyodを導入すると様々な問題、課題が浮き彫りになってきます。
一般的に企業でスマートデバイス端末を大量導入する場合は管理システムとしてmdmソリューションを利用します。しかしbyodの場合は一般的なmdmソフトでは柔軟に管理ができないケースも少なくありません。
従業員としては個人のプライバシーはきちんと保護されているのか?と不安になりますし、企業側としては会社の機密情報などは漏えいしていないか…と心配になるでしょう。そこで企業でスマートデバイス端末のbyodを導入する場合には、一般的なmdmソリューションではなく、byodに特化したソリューションを導入するのがおすすめです。
企業で利用するメールサーバーもbyodソリューションと連携させれば、個人所有のスマホからも業務のメールを確認できます。国内のBYODの状況スマートデバイスの安全管理

救急車の中にもタブレットは配備されている?!Mdmの導入事例

0

Mdmツールは様々な場所で導入されています。
Mdmの導入事例としては、消防局での導入があります。市民の安全を守る救急業務の効率化を図るために多くの救急車にはタブレットなどのモバイルデバイス端末が配備されています。救急車へのタブレット配備によって増加する救急出動に対応できるようになってきているのです。また外国人が救急車に乗車することも多く、多言語対応の必要性が増えています。特に観光客の多い地域においては多言語に対応しなければなりませんが、その際に便利なのがタブレットなのです。
ただ消防局でタブレットを導入するにあたり管理者による一括設定や管理が必要になります。そこでmdmツールが行われるようになったのです。
基本的な端末制御はもちろん、マニュアル配布、テロップによる情報通知機能があるmdmツールであれば、タブレット本体の設定、アプリやコンテンツの配信を遠隔操作で行うことが可能です。今後タブレットの導入はさらに普及していくでしょう。www.ascentnet.co.jp/mdm-modem/

スマートフォンのセキュリティ強化

0

スマートフォンやタブレットを企業で導入する際にはmdmツールによる一括管理が重要になります。スマートフォンやタブレットを大量に管理する場合、mdmを使うことでしっかりとセキュリティ対策することが可能です。
スマートフォンやタブレットは携帯性に優れており、いつでもどこでもネットワークにつなげることができます。スマートデバイス端末を使用者の裁量に任せて使わせてしまうと、不正サイトへアクセスするなど、セキュリティリスクが増大する恐れもあります。また業務以外に使用をすることにより業務効率を高めるどころか、生産性を損なってしまう恐れもあるのです。
Mdmシステムによってスマートデバイス端末の制御やアプリの利用制限などをすることによって、ウイルスプログラムのインストールを防止し、業務に不要なアプリなどは無効化することもできます。企業でのスマートフォン導入にmdmによるセキュリティ強化は欠かせません。スマートデバイスの安全管理

mdmの普及についていこう

0

インターネットやスマートフォン、タブレットなどの普及に伴いmdmという言葉を耳にする機会も増えてきています。
Mdmdは企業がスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する上で欠かせない管理ツールになります。
急速に成長を遂げるmdmツール管理は多様化しています。
MdmはiPhoneやandroid端末などの企業への普及を効率的に管理するために必須のソリューションとなっています。
スマートデバイス端末を企業で導入する上で、スマートデバイス端末内のデータ保護、端末やアプリの管理は欠かせません。
そこでmdmツールでは様々な数やOSの種類に対応したmdmによって管理にかかる負担を軽減し、企業としての成長をサポートしてくれます。
Mdmツールによる管理状態がきちんと行われていない企業であれば早急にmdmツールによる管理状況を把握しておく必要があるでしょう。
Mdmは基本的な機能や仕組みを覚えておくことで、導入や検討のポイントが分かりやすくなります。Mobile Device Managementとは