no responses byodに対応できるmdmソリューションを選ぼう

使い慣れた自分のスマホやタブレット端末を会社の業務でも使いたい!このような従業員側のニーズは多いです。また企業側としては会社で購入するスマートフォンやタブレットなどの端末費用を削減したいという想いがあることが、両者のニーズがマッチするのがbyodです。しかし企業でbyodを導入すると様々な問題、課題が浮き彫りになってきます。
一般的に企業でスマートデバイス端末を大量導入する場合は管理システムとしてmdmソリューションを利用します。しかしbyodの場合は一般的なmdmソフトでは柔軟に管理ができないケースも少なくありません。
従業員としては個人のプライバシーはきちんと保護されているのか?と不安になりますし、企業側としては会社の機密情報などは漏えいしていないか…と心配になるでしょう。そこで企業でスマートデバイス端末のbyodを導入する場合には、一般的なmdmソリューションではなく、byodに特化したソリューションを導入するのがおすすめです。
企業で利用するメールサーバーもbyodソリューションと連携させれば、個人所有のスマホからも業務のメールを確認できます。国内のBYODの状況スマートデバイスの安全管理

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>