no responses 市場が拡大するエージェント型mdの機能

mdmとはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を管理するツールになりますが、mdmにはいくつかのタイプあがります。それぞれのタイプによって、どういった管理やコントロールが可能なのかは変わってきます。
モバイルデバイス端末の普及に伴いmdm市場も年々拡大してきています。
mdmのタイプにはエージェント型mdm製品と呼ばれるものがあります。
android側にアプリをインストールすることなく利用できるエージェントレス型mdmもありますが、エージェント型mdmはモバイルデバイス端末にアプリをインストールさせた状態でモバイルデバイス端末管理を行っていきます。
mdmベンダやウイルス対策ソフトメーカー、キャリアなどが提供しているandroidのmdm製品は、アプリ(エージェント)をインストールするエージェント型になります。
設定管理はアプリ配信で行われ、セキュリティ機能としてはパスワードポリシー、位置探知、リモートワイプ、リモートロックなどの機能があります。
資産管理にはインベントリ情報の収集、アプリ一覧の収集、イベント情報の収集などがあります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>