no responses byodの安全性を支えるデスクトップ仮想化技術とは?

パソコンやスマートフォン、タブレットなどのモバイルデバイス端末のbyodを支える技術として、mdmソリューションの他に、デスクトップ仮想化技術があります。
デスクトップ仮想化技術とは、センター側に集約したサーバー上で稼働する仮想マシンを遠隔操作する技術になります。
アプリケーションやデータをサーバー側で全て管理するため、個人所有のモバイルデバイス端末には一切データが残らない仕組みになっています。
この管理によって、個人のモバイルデバイス端末から企業の大切な機密情報が流出してしまうリスクを防止することができるのです。
仮想化のセッションを終了すれば、モバイルデバイス端末側にはデータが残ることはなく、業務利用の安全性を高めることにつながります。
このデスクトップ仮想化技術を活用すれば、セキュリティを確保しながら個人所有のモバイルデバイス端末から安全に業務できます。つまりbyodを支える強い技術、ソリューションであると言えるでしょう。]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>