no responses MDM設定時はDEP利用によって管理者の負担を軽減できる

DEPとは初期導入におけるモバイルデバイス端末の設定をサポートしてくれるサービスになります。iPhoneやiPadを販売するapple社でもこのDEPサービスは提供されており、法人企業や教育機関向けのサービスになります。
DEPを利用しない場合、企業の管理者は購入したモバイルデバイス端末を開封して、個々の端末をパソコンに接続して初期設定作業をしなければなりません。
さらに個々のモバイルデバイス端末にMDMアプリのインストールやセキュリティ設定をして、、管理状態が完了した状態で、モバイルデバイス端末を利用者に配布するという流れになります。
しかしDEPを利用すれば、購入したモバイルデバイス端末のシリアル番号をあらかじめDEPサービスに登録すれば、個々の設定は必要なくなり、各利用者に配布することが可能です。初期の設定作業が非常に簡単になるので、企業の管理者側としてはDEPはMDM導入時に必ず取り入れておきたいサービスと言えるでしょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>