no responses byodソリューション導入時に気を付けておきたいこと

byodソリューションはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の企業での導入に伴い、普及しているスタイルになります。byodとは私物モバイルデバイス端末を業務で利用することです。byodについてはたくさんの考え方があり、人によってその考え方、捉え方は様々。モバイルデバイス端末の盗難や紛失による情報漏洩が起こった時にはその責任は誰が負うのか?というのも大きな課題、問題点となっています。
基本的には組織の業務の家庭で情報漏洩が起こった場合には、その責任は組織が負うことになります。使っているモバイルデバイス端末が組織が支給したものであろうと、私物であろうとその点は関係ありません。そのため情報セキュリティ対策をしっかりと掲げている企業においては、会社側がパソコンや通信手段を用意して、一貫したセキュリティポリシーに基づいたハードウェア、ソフトウェア、認証方法などを準備します。
それを従業員に使わせていくのです。インターネット上のセキュリティに対する脅威は日に日にに変化するため、企業としてもmdmソリューションで一括管理するなど、徹底した対応が求められています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>