no responses byod導入を成功させる管理ソリューション

企業がスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を活用する時に利用する管理ソリューションとして有名なのはmdmでしょう。mdmはモバイルデバイス端末全体を管理するソリューションになります。
しかしbyodを導入する場合には、モバイルデバイス端末全体を管理してしまうと、私用の際に困ってしまいます。
そこでbyod導入時によく用いられるのがmamとmcmです。mamはモバイルアプリケーション管理ソリューションのことであり、業務で使用するアプリケーションやそのデータを管理対象としています。mcmは業務データやコンテンツを管理対象としたソリューションです。
またmdmの管理機能の中に、mamやmcmが組み込まれているソリューションもあります。mamの実現方法としては、モバイルアプリコンテナなどもあります。これはモバイルデバイス端末内の隔離されたサンドボックスと呼ばれる環境に業務アプリケーションを分離して格納することで、業務アプリケーションとそのデータ自体を暗号化、パスワード、ID化して保全するアプローチ方法になります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>