no responses VPPの利用条件とは?

VPPのプログラムを利用することで、管理配布機能が得られます。企業内でまとめて購入したiOSのアプリケーションを従業員や生徒にライセンスを与えて、配布することが可能になっています。
また配布したアプリケーションやライセンスは従業員が退職したら回収して、その回収したライセンスを別の従業員に割り振ることができるので無駄なく活用できます。
ただVPPアプリを配布するにあたり、必要な条件がいくつかあります。まずはVPPのアカウントを取得する必要があります。
またVPPの管理配布にはiOS7以上のiPhoneやiPadが必要になります。それぞれのモバイルデバイス端末のユーザーは配布されるVPPアプリのライセンス取得のために、各個人がもつappleIDを保持している必要もあるのです。このappleIDがなければサインインができません。iOSデバイス上でサインインする時には、それぞれの個人が所有するappleIDを利用することになります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>