no responses byodが日本で普及しない理由

byodは個人所有のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務でも使用する事例ことを言います。
byodには端末を複数台持つ必要がない、使い慣れたモバイルデバイス端末で仕事ができる、性能がよい端末で能率アップにつながる、ワークライフバランスの改善、端末購入コストの削減、災害時の在宅による業務継続など企業にとっても社員にとってもたくさんのメリットがあります。
ただその反面、byodにはデメリットや課題もあります。
まず1つの大きな課題になっているのが、セキュリティの根強い不安があるということです。
個人情報保護法の存在によって、多くの企業が個人情報や個人データの漏えいリスクの観点から、個人が所有するモバイルデバイス端末を導入するbyodを敬遠しがちになっています。
企業としては個人所有のモバイルデバイス端末の業務利用を禁止しているという現状があり、その事が日本におけるbyod普及率の低下につながっているのです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>