no responses 問題となるシャドーbyod

byodの導入事例は増加しているものの、会社などの企業で認められていないにも関わらず、買ってにbyodを行うシャドーbyodが問題になっています。シャドーbyodが増えるときちんとセキュリティ対策を行っていない状態でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を使用することになります。業務で使用するのにその状態は非常に危険性が高く、情報漏えいのリスクも高まってしまいます。
byodを行う時には、私物のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務で利用することになるので、私用でモバイルでばしう端末を使っている時に、企業の機密情報や個人情報を自分のモバイルデバイス端末で扱うことになります。
そのため、紛失、盗難時の情報漏洩の危険性を未然に防ぐためにも、きちんとしたモバイルデバイス端末のセキュリティ対策を行う必要があるでしょう。
このセキュリティ対策で使用するのがmdmです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>