no responses 資産管理目的でのmdm導入

mdmを導入する目的は、それぞれの企業や教育現場などの組織によって異なります。セキュリティ対策のためにmdmを導入する場合もあれば、資産管理のために導入する場合もあるでしょう。また大量のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を円滑管理するために一元管理を目的にmdmを導入するケースもあります。
特に多いのが、企業の情報資産の漏えい、持ち出しを防ぐために、モバイルデバイス端末に機能制限を行うことを目的にmdmを導入するケースです。
この場合、モバイルデバイス端末の基本的機能の制御や遠隔ポリシー設定や実行、フィルタリング機能の管理などがmdmによって行われます。
次に多いのが、資産管理の側面から、モバイルデバイス端末種類やOS種類別に利用アプリケーションを種類別に管理したいという目的です。この目的のためにmdmでは資産管理の機能が必要となります。mdmを導入する企業によってそれぞれ事情は異なります。それぞれ異なる優先度を持った複数の導入目的、機能条件を明確にしていくことが大切です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>