no responses byod事例が増えるわけ

企業でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する場合、従来会社によってそれらのモバイルデバイス端末が支給されるのが一般的でした。支給されるモバイルデバイス端末は同時期に個人で購入できるものと比べても高価で高性能のものが多く、従業員の満足度も高かったので。
しかし近年では、デジタルデバイスの機能、性能は短期間で向上しており、価格設定も下がってきているので、会社が支給するモバイルデバイス端末よりも、個人が所有しているスマホやタブレットの方が、処理速度も速く、使い勝手もよいという現象が起こりつつあります。そのため個人が所有するモバイルデバイス端末を業務で使用するbyodの事例が急増しているのです。
高性能で、操作にも慣れている私物のモバイルデバイス端末を使うことにより、業務効率アップや、端末導入コストの削減にもつながります。
情報セキュリティの観点や、利用制限の設定などをしっかりと行えば、byodによるモバイルデバイス端末の導入は非常に大きなメリットを及ぼしてくれるでしょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>