no responses 企業にとってのbyodの課題とは?

bring your own deviceの略であるbyodは個人が所有するスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務で利用することを言います。
ワークスタイルの変化やスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の普及に伴い、話題となることが多いbyodですが、海外では以前からbyodが導入されることが多くありました。
逆に日本ではセキュリティ面の観点からbyod導入に消極的な企業が多かったのですが、mdmツールの普及に伴い、mdmでbyod導入端末においても一元管理してセキュリティ対策を強化することで、byodを利用する企業が増えつつあります。
ただbyodにはいくつかの課題があり、メリットはもちろんですが、それらの課題をしっかりと認識しておくことが重要です。byodの課題としてモバイルデバイス端末の盗難、紛失時に起こるデータ流出です。プライベートでもモバイルデバイス端末を使用するため、盗難や紛失のリスクは必然的に高くなってしまいます。そうなった時にモバイルデバイス端末内の情報が外部に流出しないようにしっかりとしたセキュリティ対策を考えておく必要があるのです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>