no responses byod導入が進まない課題点とは?

個人のモバイルデバイス端末を業務で使用するbyodにはいくつものメリットがあります。モバイルデバイス端末支給コストの削減や仕事環境のリモート化による業務効率アップ、さらにはモバイルデバイス端末の物理的分散による災害時の被害軽減なども考えられます。しかしこれだけのメリットがあるにも関わらずbyodはいまだにスタンダードになっていないという現状があります。それにはbyodを導入するにあたっていくつもの課題が見え隠れするからです。
boyd導入時の課題としては、モバイルデバイス端末の購入費など個人負担についての懸念材料やワークライフバランスへの懸念が考えられます。
byodを企業として正式に導入した場合、個人用のモバイルデバイス端末を持っていない人は新たに端末を購入しなければなりません。また端末を購入する費用や、通信費用に関しても仕事で使っているのに、全て従業員側が負担するのはおかしいと感じるケースも多いでしょう。
またワークライフバランスの懸念としては、、仕事がプライベートにまで入り込んでしまう可能性が高く、ワークライフバランスが崩れてしまうかもしれません。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>