no responses byodに見え隠れする課題

byodは、従業員がプライベートで使用しているスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務でも利用することをいいます。本来のbyodはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末だけにとどまらず、ノートパソコンなどを含む私物のデバイス端末を職場や外出先などで業務利用することを考慮して考えられたコンセプトになります。
byodを導入することで、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の導入費用を抑えることができたり、自分が使い慣れている端末機器を使って業務をおこなうことができるため、業務効率アップにもつながります。
しかしその反面、byodを導入することで課題も見え隠れしてきます。大きな課題となるのが、プライバシー、セキュリティの問題です。プライベートと仕事用を同じスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を利用するので、セキュリティ面の強化は重要になります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>