2019年4月27日 archive

mdmソリューションのサービスの特徴

0

mdmソリューションでは、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を一元管理することができます。
mdmソリューションでできることとしては、セキュリティポリシーの適用、業務外利用の制限があります。mdmソリューションはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末に適用することで業務外での利用の制限を可能にすることができます。
業務外でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を利用してしまうと、その分情報漏えいのリスクが高くなってしまいます。
そこで不正なモバイルデバイス端末の利用に関しては、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末に警告メッセージを通知することもできるのです。
例えばiOSやandroid、Windowsphoneなどのモバイルデバイス端末の管理や、リモートワイプやリモートロックによる盗難・紛失時の対策、さらにはポリシー設定やアプリケーション配布などを実現してくれます。

mdmとは何を管理するの?

0

mdmとはモバイルデバイス端末管理ツールのことであり、企業や組織などでスマートフォンやタブレットを導入する場合欠かせません。スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末は電話機能を持ったパソコンのような位置付けであり、従来のモバイル型のノートパソコンと比べてもモビリティ性能に非常に優れており、機能も充実しているため、業務での活用が進められています。10年前まではスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の業務での使用、企業での配布はそれほど多くなかったものの、最近では多くの日本企業においてスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末導入の現状があります。モバイルデバイス端末を導入した場合、重要となるのがそれらのモバイルデバイス端末を安全に使用すること、しっかりと管理した状態で業務に活用することです。そのためにはmdmツールなどの管理ツールを用いることが効率的です。mdmは大量のモバイルデバイス端末に対しても一括した管理が可能なので、セキュリティ対策としてもおすすめです。

キャリア通信会社が提供するmdmソリューション

0

mdmソリューションを取り扱う会社はいくつかあります。キャリア通信会社、セキュリティベンダー、そのほかのmdmソリューションベンダーなどです。
それぞれの会社によって提供されるmdmソリューションは機能や性能、特徴、利用料などが異なります。
それぞれ企業や組織によって、mdmソリューションを導入する目的は異なるため、導入するmdmソリューションの選択も重要になってきます。
キャリア通信各社が提供するスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末向けの管理サービスであるmdmソリューションは、紛失・盗難対策やサービスの利用制限などを主としています。
法人契約単位での提供が可能になります。キャリア通信会社が販売するモバイルデバイス端末のコントロールのみをサポートしているので、そのほかのモバイルデバイス端末に関しては対象外になってしまいます。
企業内で管理するモバイルデバイス端末が複数存在する場合にはセキュリティポリシーの統一が困難になってしまうこともあるでしょう。

mdm導入目的別の機能とは?

0

mdmの導入目的な企業や組織によって異なります。セキュリティ対策を強化したいので、それを目的にmdmを導入する企業もあれば、アプリケーションやコンテンツの管理を目的にmdmを導入する企業もあります。
また初期設定やキッティング作業を効率的に行いたいためにmdmを導入する場合もあるでしょう。
mdmを導入する企業の個別の事情に応じて、それぞれ異なる優先度を持ったいくつかの導入目的、機能要件が存在しています。
例えばmdmの導入目的がスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末新規配布時に必要な初期設定などの各種設定や、モバイルデバイス端末配布後の設定変更を簡便にそして、迅速に行いたい、大量のモバイルデバイス端末を一元管理したいということが目的の場合には、機能としてスマートフォンやタブレットなどの資産管理、遠隔ポリシー設定・実行機能、アプリケーションの配信・削除などの機能が必要となります。