未分類 category archive

市場が拡大するエージェント型mdの機能

0

mdmとはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を管理するツールになりますが、mdmにはいくつかのタイプあがります。それぞれのタイプによって、どういった管理やコントロールが可能なのかは変わってきます。
モバイルデバイス端末の普及に伴いmdm市場も年々拡大してきています。
mdmのタイプにはエージェント型mdm製品と呼ばれるものがあります。
android側にアプリをインストールすることなく利用できるエージェントレス型mdmもありますが、エージェント型mdmはモバイルデバイス端末にアプリをインストールさせた状態でモバイルデバイス端末管理を行っていきます。
mdmベンダやウイルス対策ソフトメーカー、キャリアなどが提供しているandroidのmdm製品は、アプリ(エージェント)をインストールするエージェント型になります。
設定管理はアプリ配信で行われ、セキュリティ機能としてはパスワードポリシー、位置探知、リモートワイプ、リモートロックなどの機能があります。
資産管理にはインベントリ情報の収集、アプリ一覧の収集、イベント情報の収集などがあります。

遵守ポリシーを設定できるmdm

0

mdmを導入する企業や教育機関は年々増加しており、導入事例としてmdmを活用している企業を知ることも容易に
なってきています。
mdmではあらかじめ設定しておいた遵守ポリシーを監視することが可能です。遵守ポリシーは、例えば電源の状態、業務で使用するためのアプリケーションの利用状況、インストールされているアプリケーションの一覧など、元々設定しておいた値や状態から外れてしまったモバイルデバイス端末がないかどうかを監視することがでいます。もしも遵守ポリシーから外れてしまったモバイルデバイス端末が現れた時にはすぐに管理者へ通知されるので一括したモバイルデバイス端末の管理、設定が可能になっています。
もしも遵守ポリシーから外れた場合、その処理や対応を設定しておくことができれば、自動的にモバイルデバイス端末を保護することにつながります。
このような設定によって大量のモバイルデバイス端末を導入したとしても、うまく活用できる導入事例になるでしょう。

便利なandroid端末管理ツールとは?

0

android端末管理のソリューションとしてmdmは欠かせません。その他、androidではandroid機能を管理するツールも充実しています。その1つがGoogleロケーション履歴です。
このGoogleロケーション履歴は旅路を振り返るものであり、自分のアカウントに紐づいているandroid端末の移動履歴を閲覧することが可能です。日付や時刻を指定することもできるので、いつどこに行ったかなどの情報を手軽に振り返ることができるのでおすすめです。
移動履歴はandroid端末単位ではなく、アカウント単位で管理されているので、複数のandroid端末を保持している場合は、位置情報が混ざってしまうという不便さもあります。
例えばスマートフォンとタブレットを両方持っている人であれば、自宅にタブレット端末を置いたまま、スマートフォンを持って外出すれば、自宅と外出先の両方の位置情報が記録され、経路表示されてしまいます。

モバイルデバイス活用に欠かせないmdmとは?

0

モバイルデバイス端末の普及によってモバイルデバイス端末管理ツールのmdm市場も大きく成長してます。
スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を企業に導入することによってビジネスの革新をサポートすることができます。このモバイルデバイス端末をうまく導入、運営するためには、一括した管理が重要になります。
そのためにはmdmは欠かせません。端末、ソリューション、BPOなどモバイルにかかわる多面的な要素を駆使しながら、mdmツールで管理することでより企業として成長することができるでしょう。
mdmにはセキュリティポリシー策定、ソリューション選定、マニュアル作成、端末初期設定、紛失対応、回線管理運用などたくさんの機能が搭載されています。
また管理者の負担を軽減するための機能が充実しているので、業務効率アップにつながります。
モバイルデバイス端末購入から、mdmソリューション提案、運用サポートまで一括してワンストップ対応してくれる企業もあります。

byodの課題となるワークバランスの懸念

0

スマートフォンやタブレット端末などを企業で導入する場合、byodで導入する企業が近年増えてきています。
byodを導入する企業が得られるメリットはいくつもあります。
例えばユーザーが製品やシステムを利用した際に得られる経験や満足度がアップするという点です。
つまり利用者が自分のスマホやタブレットを使えば使い慣れているので、操作方法で手間取ることもなく、ストレスを感じることはありません。
その点で生産性が向上すると言えるでしょう。
またbyodは仕事環境のリモート化による業務効率化も図ることが可能です。
byodは仕事環境のリモート化を実現するために欠かせないツールであり、外勤中でもリアルタイムな情報共有が可能になります。
ただbyodにはメリットの反面課題もあります。
その課題の1つが、ワークライフバランスの懸念です。退勤後や社外でも仕事ができるという点は非常に便利なbyodですが、仕事が私生活にまで入り込んでくる可能性もあるため、ビジネスやプライベートの切り替えがうまくできない人にとっては課題となるでしょう。

日本におけるmdm市場

0

企業におけるスマートフォンやタブレットの導入が進む現在、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を一括管理するための管理―ツールであるmdmの導入も急激に進んでいます。
日本におけるmdm市場は急成長していますが、世界のmdm市場は日本よりも先を進んでいます。
海外ベンダーでは数年前から国内のmdm製品を展開していて、mdm市場は日本よりもはるかに大きいです。
今後mdm市場はさらに広がるとみられており、日本国内においても国内型のmdm製品が数多く登場しています。
国内のmdmは日本の環境に合わせた作りになっているので非常に使いやすく、日本企業においては日本国内のmdmを導入する企業も多いです。
もちろん海外製のmdmツールであっても多くはマルチデバイス対応であり、日本語も対応しているので特に使用上で問題になる点はありません。
日本のモバイルデバイス端末導入が進めば進むほど、日本のmdm市場はさらに広がりを見せるでしょう。

リモートワイプはとても大切!

0

モバイルデバイス端末を企業や教育機関で効率よく使うためには、企業側としてはモバイルデバイス端末の一括管理をスムーズに行うことが非常に重要になります。
モバイルデバイス端末の大量導入の際に欠かせないのが、一括管理システムであるmdmです。
モバイルデバイス端末を導入する企業のほとんどがmdmを導入していると言っても過言ではありません。
mdmの機能は各製品によって多少の違いはでてきますが、基本的に必要な機能に関してはどこのmdmでも特に違いはありません。
mdmの機能の1つであるリモートワイプやリモートロックは、モバイルデバイス端末に設定しているパスワードなどのセキュリティポリシーを強制して、Wi-FiやVPNなどの設定によってプロファイスを自動配信しています。
リモートワイプに関してはデバイス紛失時、盗難時に、端末のパスワードなどのセキュリティポリシーを強制していきます。盗難リスクを抑える有効な機能と言えるでしょう。

byodを導入するべく技術やソリューションは増えている

0

byodは私物のスマートフォンやタブレット端末を業務で利用する方法のこと。
企業からも利用者からも注目されているbyodですが、多くの期待がある一方、ネガティブな要素もあります。
ただ多くの企業がbyodに積極的になっているので、様々なプロダクトベンダからbyodを実現するための技術やソリューションが提供されているという現状があります。
実際のところ、byodの普及状況は、会社支給のモバイルデバイス端末導入の事例に比べると少ないです。
まだbyodを許可する企業はそれほど多くはなく、情報漏洩やプライバシー保護への懸念など、いくつかの解決するべき課題があります。
byod関連の技術、ソリューションがもつ課題を解決したツールも増えてきています。byodを円滑に活用するためには、きちんとしたセキュリティ管理の元、byodを導入する必要があります。きちんとセキュリティ管理できていない状態で、byodを導入すると、情報漏えいリスクが高まってしまいます。

スマホのリモートワイプ機能とは?

0

リモートワイプはmdmソリューションお会社が提供しますが、3つの要素で構成されています。1つ目はスマートフォンなどの端末側ソフトウェア、2つ目がサーバー側ソフトウェア、3つ目が通信回線になります。リモートワイプは指示の反映方法、ワイプの内容などが異なります。
リモートワイプの課題としてはスマートフォンが圏外で通信できなくなったり、スマートデバイス端末が電源オフで指示することができなくなったりした場合の対策です。考慮する仕組みや機能を用意している会社も多く、指定時刻になったら電源を強制的にオンにできるような機能を備えているmdmソリューションもあるのです。
iPhoneではiPhoneを探すという機能の中にリモートワイプ機能が含まれています。iPhoneを探す機能をオンにしておけば、iPhoneを落としてしまった時でも第三者の手によって情報が流出する危険性を回避することができるのです。
特別な設定はないですが、設定自体は紛失前にしておかなければならないため、すぐに設定しておくことをおすすめします。詳しくはこちら

mdm市場が大きくなるわけ

0

スマートフォンやタブレットは業務効率を向上させる画期的なツールとなっています。
また最近では教育現場でのモバイルデバイス端末の導入が進められており、企業だけではなく、学校などでスマートデバイス端末が大量に管理されている現状があります。この現状によってmdm市場もここ1~2年でさらに拡大しているのです。
小規模から大規模まであらゆるモバイルデバイス管理をするためにはmdmソリューションが欠かせません。
Mdmソリューションは様々なサービスが提供されています。
Mdm市場シェアの大きいmdmもあれば、教育機関での一括管理におすすめのmdmなどもあります。
Mdmソリューションは情報漏えいや不正利用、端末管理の負担など様々な課題を解決できます。
Mdmソリューションを用いれば簡単にセキュリティ対策を実現でき、遠隔からのロック操作、データ消去操作を行い、クリティカルな事態を回避できるでしょう。セキュリティ強固のためにはmdmは欠かせません。MDMとは?企業のモバイルデバイスを安全管理