未分類 category archive

mdmソリューションのサービスの特徴

0

mdmソリューションでは、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を一元管理することができます。
mdmソリューションでできることとしては、セキュリティポリシーの適用、業務外利用の制限があります。mdmソリューションはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末に適用することで業務外での利用の制限を可能にすることができます。
業務外でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を利用してしまうと、その分情報漏えいのリスクが高くなってしまいます。
そこで不正なモバイルデバイス端末の利用に関しては、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末に警告メッセージを通知することもできるのです。
例えばiOSやandroid、Windowsphoneなどのモバイルデバイス端末の管理や、リモートワイプやリモートロックによる盗難・紛失時の対策、さらにはポリシー設定やアプリケーション配布などを実現してくれます。

mdmとは何を管理するの?

0

mdmとはモバイルデバイス端末管理ツールのことであり、企業や組織などでスマートフォンやタブレットを導入する場合欠かせません。スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末は電話機能を持ったパソコンのような位置付けであり、従来のモバイル型のノートパソコンと比べてもモビリティ性能に非常に優れており、機能も充実しているため、業務での活用が進められています。10年前まではスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の業務での使用、企業での配布はそれほど多くなかったものの、最近では多くの日本企業においてスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末導入の現状があります。モバイルデバイス端末を導入した場合、重要となるのがそれらのモバイルデバイス端末を安全に使用すること、しっかりと管理した状態で業務に活用することです。そのためにはmdmツールなどの管理ツールを用いることが効率的です。mdmは大量のモバイルデバイス端末に対しても一括した管理が可能なので、セキュリティ対策としてもおすすめです。

キャリア通信会社が提供するmdmソリューション

0

mdmソリューションを取り扱う会社はいくつかあります。キャリア通信会社、セキュリティベンダー、そのほかのmdmソリューションベンダーなどです。
それぞれの会社によって提供されるmdmソリューションは機能や性能、特徴、利用料などが異なります。
それぞれ企業や組織によって、mdmソリューションを導入する目的は異なるため、導入するmdmソリューションの選択も重要になってきます。
キャリア通信各社が提供するスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末向けの管理サービスであるmdmソリューションは、紛失・盗難対策やサービスの利用制限などを主としています。
法人契約単位での提供が可能になります。キャリア通信会社が販売するモバイルデバイス端末のコントロールのみをサポートしているので、そのほかのモバイルデバイス端末に関しては対象外になってしまいます。
企業内で管理するモバイルデバイス端末が複数存在する場合にはセキュリティポリシーの統一が困難になってしまうこともあるでしょう。

mdm導入目的別の機能とは?

0

mdmの導入目的な企業や組織によって異なります。セキュリティ対策を強化したいので、それを目的にmdmを導入する企業もあれば、アプリケーションやコンテンツの管理を目的にmdmを導入する企業もあります。
また初期設定やキッティング作業を効率的に行いたいためにmdmを導入する場合もあるでしょう。
mdmを導入する企業の個別の事情に応じて、それぞれ異なる優先度を持ったいくつかの導入目的、機能要件が存在しています。
例えばmdmの導入目的がスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末新規配布時に必要な初期設定などの各種設定や、モバイルデバイス端末配布後の設定変更を簡便にそして、迅速に行いたい、大量のモバイルデバイス端末を一元管理したいということが目的の場合には、機能としてスマートフォンやタブレットなどの資産管理、遠隔ポリシー設定・実行機能、アプリケーションの配信・削除などの機能が必要となります。

byodに見え隠れする課題

0

byodは、従業員がプライベートで使用しているスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務でも利用することをいいます。本来のbyodはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末だけにとどまらず、ノートパソコンなどを含む私物のデバイス端末を職場や外出先などで業務利用することを考慮して考えられたコンセプトになります。
byodを導入することで、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の導入費用を抑えることができたり、自分が使い慣れている端末機器を使って業務をおこなうことができるため、業務効率アップにもつながります。
しかしその反面、byodを導入することで課題も見え隠れしてきます。大きな課題となるのが、プライバシー、セキュリティの問題です。プライベートと仕事用を同じスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を利用するので、セキュリティ面の強化は重要になります。

mdm導入の概要とは?

0

mdmを導入する時に、どのmdmを導入するのか、企業として悩まれるケースは多いでしょう。実際mdmと一言でいっても様々な種類があります。
たくさんのメーカーからmdmソリューションは登場しており、日本国内製のものもあれば、海外で利用されている海外製のものもあります。一概にどちらがよいとは言い切れませんので、自分の企業にとって使いやすいもの、価格面などをしっかりと考慮してからmdmソリューションの導入を検討する必要があるでしょう。
mdmソリューションは基本的に、管理主体となるmdmサーバと管理対象となるスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末からなります。mdmサービスの提供形態としてはクラウド型のmdmソリューションと、オンプレミス型の、mdmソリューションがあります。mdmの提供形態によってそれぞれの管理の方法や利用料なども変わってきます。企業によってメリットデメリットが異なりますので、mdmソリューションを導入する際にはしっかりと比較して決定する必要があるでしょう。

セキュリティ管理が難しいモバイルデバイス端末のmdmによる管理

0

mdmでマルチデバイス、マルチベンダーのモバイルデバイス端末を管理

android端末管理におけるmdmソリューションの役割

0

androidの端末管理をするソリューションとして人気のあるmdmツール。mdmは企業などで大量のandroidを導入する場合、欠かせない管理ツールとなっています。
mdmソリューションにはたくさんの種類があるものの24時間365日対応してくれるmdmソリューションがほとんどです。スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末はいつどこで紛失したり、盗難されたりするか分かりません。
そこでモバイルデバイス端末の紛失・盗難時にmdmソリューションでは遠隔操作でモバイルデバイス端末をロックして、不正利用を防ぐことができます。また端末内の情報を全て初期化するリモートワイプ機能もmdmツールにはあるので、情報流出を防ぎ、セキュリティ対策につながります。また非推奨アプリケーションの検知とメール通知もmdmソリューションでは行うことができます。従業員が勝手に非推奨のアプリケーションをインストールしないように、制限・起動禁止が可能になっています。

企業が利用できるApple DEP

0

Apple社では、ビジネスや教育用アカウント向けのiPhoneやiPadなどのモバイルデバイス端末登録用のプログラムを提供しています。
Apple DEPはApple社が提供するデバイス登録プログラムのことであり、ビジネス用アカウントの場合、モバイルデバイスを管理するにはApple Deployment Programに登録して、Apple DEPを利用する必要があります。
Apple DEPは団体での利用は可能であるものの、個人での利用はできません。Apple Deployment Programに登録するためには、企業の詳細な情報を提供する必要があり、アカウントの要求や承認を取得するためにはある程度の時間が必要になります。
ユーザーがApple DEP対応のデバイス登録をする場合には、Apple DEP対応のデバイスを介しし、ユーザーのデバイスで初期設定を構成していきます。
デバイスが自動的登録処理を開始してくれるでしょう。

byod導入が進まない課題点とは?

0

個人のモバイルデバイス端末を業務で使用するbyodにはいくつものメリットがあります。モバイルデバイス端末支給コストの削減や仕事環境のリモート化による業務効率アップ、さらにはモバイルデバイス端末の物理的分散による災害時の被害軽減なども考えられます。しかしこれだけのメリットがあるにも関わらずbyodはいまだにスタンダードになっていないという現状があります。それにはbyodを導入するにあたっていくつもの課題が見え隠れするからです。
boyd導入時の課題としては、モバイルデバイス端末の購入費など個人負担についての懸念材料やワークライフバランスへの懸念が考えられます。
byodを企業として正式に導入した場合、個人用のモバイルデバイス端末を持っていない人は新たに端末を購入しなければなりません。また端末を購入する費用や、通信費用に関しても仕事で使っているのに、全て従業員側が負担するのはおかしいと感じるケースも多いでしょう。
またワークライフバランスの懸念としては、、仕事がプライベートにまで入り込んでしまう可能性が高く、ワークライフバランスが崩れてしまうかもしれません。