未分類 category archive

企業にとってのbyodの課題とは?

0

bring your own deviceの略であるbyodは個人が所有するスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務で利用することを言います。
ワークスタイルの変化やスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の普及に伴い、話題となることが多いbyodですが、海外では以前からbyodが導入されることが多くありました。
逆に日本ではセキュリティ面の観点からbyod導入に消極的な企業が多かったのですが、mdmツールの普及に伴い、mdmでbyod導入端末においても一元管理してセキュリティ対策を強化することで、byodを利用する企業が増えつつあります。
ただbyodにはいくつかの課題があり、メリットはもちろんですが、それらの課題をしっかりと認識しておくことが重要です。byodの課題としてモバイルデバイス端末の盗難、紛失時に起こるデータ流出です。プライベートでもモバイルデバイス端末を使用するため、盗難や紛失のリスクは必然的に高くなってしまいます。そうなった時にモバイルデバイス端末内の情報が外部に流出しないようにしっかりとしたセキュリティ対策を考えておく必要があるのです。

mdm市場が広がる現状

0

市場拡大が進むmdmソリューションですが、企業や組織で大量のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を管理する際には、mdm管理をする際に導入準備が必要になります。
導入する企業側では利用シーンに合わせてセキュリティポリシーを組織階層ごとに設定していきます。端末側での操作する人のセキュリティポリシー設定の変更を許可するかどうかも、ポリシー検討する必要があるのです。
ポリシー検討要項としては、組織階層別のセキュリティポリシーのテンプレート化や、モバイルデバイス端末の端末管理者と使用者の設定変更権限の範囲、デジタル証明書認証、クライアントアプリケーションによる認証、mdm認証手順の明確化、ルート証明の端末への配備の計画化、利用シーンごとの通信手段の明確化などがあります。mdmサービスへのモバイルデバイス端末の認証登録はmdmを導入する際に、はじめに行わなければいけない作業になります。

mdmのリモートワイプなどセキュリティ機能について

0

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する上で最も重要になるのがセキュリティ対策です。セキュリティ対策としてmdm=モバイルデバイス管理システムの導入は欠かせません。
多くの起業ではモバイルデバイス端末を導入するのと同時に、mdmツールに関しても導入するケースが多いです。mdmを導入すれば情報漏えいは未然に防げると完全に安心してはいけません。
mdmを導入したからといって100%情報漏えいの危険性を防げるわけではなにのです。
ただmdmツールにはリモートロックやリモートワイプ、遠隔監視、デバイス制御、アプリケーション管理、フィルタリング、不正アプリ対策などのセキュリティ機能が搭載されています。
リモートロックはネットワーク経由でコマンドを発行し、端末を操作不能にする機能です。リモートワイプはネットワーク経由でコマンドを発行しモバイルデバイス端末を工場出荷時の状態に初期化する機能です。

安全にbring your own deviceを導入できるmdm

0

bring your own deviceを安全に効率よく使用するためには、きちんとした一元管理が重要になります。
bring your own device導入時もmdmソリューションを用いた管理が一般的に行われます。
mdmツールの多くは、android、iOS、Windows10モバイルデバイスやデスクトップ、生産性向上のためのアプリケーションにもシームレスにセキュリティを適用することができます。
従業員は普段から使用しているプライベートのスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を使用できるので、新しいテクノロジーやワークフローについて学ぶ必要もありません。
そのため時間的な節約ということも、bring your own deviceを導入することで可能になるのです。
マルチOS対応のbring your own device対応のmdmソリューションは非常に人気があります。

企業が支給するandroidの端末管理

0

バイルデバイス端末を導入する場合、初期設定を簡単に行ったり、セキュリティ対策を強化したりする時には欠かせないツールになっています。
androidの端末管理は企業の様々なニーズにこたえるandroidデバイスを実現しています。例えばデバイスオーナーモードでは、全ての利用しているスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を企業の監視下において管理、チェックすることができる機能になります。
会社が業務用として各従業員にモバイルデバイス端末を支給した場合、最適な設定となるのがこのデバイスオーナーモードになります。
またandroid端末管理の中でもCOMPモードであれば、すべての利用端末を企業の監視下において、個人領域、仕事領域に分かれて管理できるのです。こちらの機能も会社から支給するモバイルデバイス端末に最適な設定となっています。

mdmとは遠隔で一元管理が可能

0

mdmとはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末をネットワークを経由して一元管理するための機能、ツールになります。
androidやiOSなどマルチモバイルデバイス端末をmdmツールによって一元管理すれば、ロックやワイプ緊急対処ができたり、セキュリティやポリシー設定が可能になります。
またそれぞれのスマートフォンやタブレットがどのように使用されているのか、どのようなアプリケーションがインストールされているか?などのそれぞれ個別のモバイルデバイス端末状態や利用状況の収集にもmdmは役立ちます。
遠隔操作(リモート操作)での一元管理が可能なmdmは、各社のスマートフォン管理者がポリシー設定、緊急時ロックなどの運用を行っていきます。
多くのmdmツールでは、ドコモ、au、ソフトバンク、 Yモバイル、ウィルコム、Eモバイルなどのandroid、iOSに対応しているマルチキャリアになります。

byod導入企業に必要なmdmソリューション

0

byodは私物のモバイルデバイス端末を業務で使用することを言います。このbyodを導入する企業は増えていますが、その反面課題が見えつつあり、その課題への対策をきちんとしなければ業務効率アップにはつなばりません。
byodの課題と言えば、セキュリティ面についてです。プライベートのスマートフォンと仕事用のスマートフォンが同じであるわけですから、情報漏えいの危険性が会社支給のモバイルデバイス端末に比べて非常に高くなってしまいます。
byodにおけるセキュリティ強化のためにmdmソリューションの導入は必須と言えます。mdmソリューションはモバイルデバイス端末管理のツールであり、大量のモバイルデバイス端末を一元管理することができます。
mdmを導入することで、遠隔操作でのモバイルデバイス端末のセキュリティ機能であったり、利用制限などを行ったりすることでセキュリティ強化を図ります。byod導入時にはmdmソリューションも導入するべきという流れが一般的になりつつあります。

mdmツールでのスマートフォンのセキュリティ対策やアプリ管理

0

mdmはモバイルデバイス端末管理ツールのことであり、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の一括管理をするソリューションになります。セキュリティ対策や資産管理、アプリ管理などには欠かせません。
その中でもmdmツールは必須アプリケーションを一括で管理することが可能です。このアプリケーションの管理によって従業員が適切にアプリケーションを使用しているか管理することが可能になるのです。
例えば、業務に不要なアプリケーションを制限する機能もあります。業務中の私的利用、機密情報の漏えいを防ぐことが可能でしょう。さらに未許可のモバイルデバイス端末が社内のネットワークに接続することを禁止しているので、不正利用はすぐに検出されます。
日常のあらゆるシーンを想定して、モバイルデバイス端末の適切な管理を行うことができるのがmdmツールの魅力なのです。セキュリティ対策と並んで、アプリケーションの一括管理は必須の機能となっています。

スマートフォンなどモバイルデバイス端末管理でのな闇とセキュリティ問題

0

mdmはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の資産管理やセキュリティ対策を実現することができるソリューションになります。mdmを導入することで企業で大量導入したスマートフォンやタブレットを一括して管理することができ、初期設定やアプリ設定、利用制限などあらゆる機能を利用することが可能です。スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する企業の端末導入から運用までの様々な課題や問題がmdmを導入することで解決されます。
スマートフォンの紛失や盗難で機密情報が漏れるおそれがあるのではないか?と心配している人はいませんか?そのようなモバイルデバイス端末管理による悩みを抱えている場合、mdmを導入して、一元管理できる状況にしてあげることが可能です。
また会社から支給されるスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の私的利用を防ぎたい、全てのモバイルデバイス端末に対して特定のアプリケーションをインストールできます。

モバイル端末管理として利用されるmdm

0

スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末を業務で利用するために、企業側が従業員にモバイルデバイス端末を支給するケースは増えてきています。
従業員側は会社用のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末とプライベート用の端末を両方持つことになるでしょう。
プライベートのスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末においては、端末管理などは特に必要ありませんが、社用スマホやタブレットのモバイルデバイス端末においては一括した企業による管理が行われており、利用制限などの設定
がされている場合も多いです。その設定管理を行うモバイル端末管理ソリューションがmdmなのです。
mdmの基本的機能の1つには紛失・盗難時の情報漏えい対策があります。情報漏えい対策はパスワードロックの強制化、リモートワイプ、リモートロックの機能で、悪意のある第三者によるモバイルデバイス端末操作を防止する機能になります。