ABCスマホン先生 http://epicapt.com Thu, 02 Nov 2017 06:00:00 +0000 ja hourly 1 http://wordpress.org/?v=3.2.1 データとデバイスセキュリティ機能 http://epicapt.com/2017/11/03/bookmarks-of-20171103/ http://epicapt.com/2017/11/03/bookmarks-of-20171103/#comments Thu, 02 Nov 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/epicapt-com/2017/11/03/bookmarks-of-20171103/ Mdm機能にはデータとデバイスセキュリティ機能があります。遠隔データ消去機能では、遠隔よりデータを削除します。削除する単位としては、全データ消去、OS以外消去、フォルダー単位、ファイル単位など細かく指定することができます。また削除前にはバックアップを取得することもできるので非常に便利な機能となっています。もしもスマートフォンやタブレット端末などのスマートデバイスを紛失したり、盗難されたりした時もこのmdm機能があれば第三者に情報が流出することはないので安心です。
デバイスロック機能は遠隔よりスマートデバイス端末をロックします。また一定期間ネット接続がない場合には、スマートデバイス側でロックスするコマンドを仕込むこともできるのです。管理者側はスマートデバイス端末にロック命令をすると、ロックされたスマートデバイス端末はロック状況のアップロードを行います。このようにデータとデバイスセキュリティ機能はmdmツールの中でも重要な機能となります。  mdm情報

]]>
http://epicapt.com/2017/11/03/bookmarks-of-20171103/feed/ 0
教育現場でのタブレット導入で必要なmdmの機能とは? http://epicapt.com/2017/10/31/bookmarks-of-20171031/ http://epicapt.com/2017/10/31/bookmarks-of-20171031/#comments Mon, 30 Oct 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/epicapt-com/2017/10/31/bookmarks-of-20171031/ 教育現場でタブレットやスマホなどのスマートデバイスを導入する場合、mdmによる一元管理は欠かせません。端末をしっかりと設定、管理しておかなければ、授業で効率よくタブレットを利用することはできないからです。
mdmツールを利用して一元管理をすることで、遠隔からも各タブレットに一括で設定が可能になります。Wi-Fiやブックマークなどの設定、時間帯ごとのポリシー、進級や卒業時の設定変更なども簡単に行うことができます。また学習用のアプリケーションをサイレントに配布することもできます。例えば学年、科目ごとの配布であったり、アプリケーションのバージョンアップ、配布したアプリケーションの削除なども行えたりします。
その他、授業に不必要な利用の監視もmdm機能があれば簡単に行えます。例えばフェイスブックやインスタグラムなどのSNSやオンラインゲームの制限やウェブフィルタリングや違反アプリケーションの起動制御などが行えます。mdm情報

]]>
http://epicapt.com/2017/10/31/bookmarks-of-20171031/feed/ 0
mdmのデバイス管理と業務サポート機能 http://epicapt.com/2017/10/23/bookmarks-of-20171023/ http://epicapt.com/2017/10/23/bookmarks-of-20171023/#comments Sun, 22 Oct 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/epicapt-com/2017/10/23/bookmarks-of-20171023/ Mdm製品はスマートフォンやタブレット端末などのスマートデバイスにおいて紛失や盗難時にデータ保護や第三者による不正利用に対する懸念を解決できる機能がついています。その機能とはモバイルデバイス管理のことであり、モバイルデバイス管理の他、業務をサポートする機能も一体化しているmdmも登場しています。肝心のモバイルデバイス管理としては機能制限やパスコード設定の強制などデバイス制御、アプリケーション制御、androidのデバイス管理機能が停止した時の対応アクションを管理するなど色々な設定が可能です。
また業務サポート機能としてはファイルの一括転送、電話帳の共有、自社開発のアプリケーションの配布や専用ストレージなど、様々な機能が備わっています。
ポリシーを違反した時やmdmの機能が無効化になってしまったモバイルデバイスに関しては警告通知を発信させることで管理者に迅速に伝え、適切な対応をスムーズに行うことができるでしょう。mdm情報

]]>
http://epicapt.com/2017/10/23/bookmarks-of-20171023/feed/ 0
mcm機能付きのmdmとは? http://epicapt.com/2017/10/20/bookmarks-of-20171020/ http://epicapt.com/2017/10/20/bookmarks-of-20171020/#comments Thu, 19 Oct 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/epicapt-com/2017/10/20/bookmarks-of-20171020/ Mcm機能を導入したmdm製品が近年人気を集めています。Mdmツールだけでは、スマートフォンやタブレットなどスマートデバイスの端末だけの管理になってしまいますが、mcm機能のあるmdm製品であり、モバイルコンテンツを管理することができるソリューションが入っているのでさらに管理がしやすくなります。
実際にスマートフォンなどスマートデバイスを利用しているエンドユーザーからしてみれば、モバイルコンテンツだけではなく、社内のファイルサーバのドキュメントにもモバイル環境からアクセスできるようになるので利便性はさらに高まるでしょう。
mdm製品の中には社内ファイルサーバへのモバイル環境からのアクセスを可能にして、モバイル上でのデータとファイルサーバ上のデータを自動的に同期することができるような製品もあります。
この機能によって、業務効率は一段と高まり、IT部門も既存の環境のまま、モバイル用途向けに開放することができます。
MDM 「モバイルデバイス管理」 サービス – MoDeM

]]>
http://epicapt.com/2017/10/20/bookmarks-of-20171020/feed/ 0
管理の負担軽減、運用をスムーズにするmdmとは? http://epicapt.com/2017/09/16/bookmarks-of-20170916/ http://epicapt.com/2017/09/16/bookmarks-of-20170916/#comments Fri, 15 Sep 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/epicapt-com/2017/09/16/bookmarks-of-20170916/ 企業や教育機関でスマートフォンやタブレット端末などのモバイルデバイスを導入する場合、忘れてはいけないのがmdmの活用です。スマートフォンの企業での導入で気を付けるべき点が、管理の負担を削減し、運用をスムーズにすることできです。
業務の効率化をはかるためにスマホやタブレットなどのモバイルデバイス端末の導入が進んでいます。しかし様々な業務を抱えるのでモバイルデバイスの管理に時間を割くことが難しくなっているのが現状です。そこでmdmを利用することによって、日々の管理を無駄なく効率化させることができるのです。
Mdmツールでは端末の情報を自動取得するだけで、台帳や報告などの管理に必要な一連業務が簡単にできるようになります。またスマートフォンやタブレット端末の状態確認、分析、報告などの必要な一連業務が簡単に行えるようになります。mdmツールで効率よくモバイルデバイス端末の企業導入を行っていきたいですね。最近では、大量に導入する学校などで一括で全て行えるようにVPPがありますねVPPで一括でやるのが流行っていますね

]]>
http://epicapt.com/2017/09/16/bookmarks-of-20170916/feed/ 0
マルチデバイス化が進む時代でのmdmの立場とは http://epicapt.com/2017/09/12/bookmarks-of-20170912/ http://epicapt.com/2017/09/12/bookmarks-of-20170912/#comments Mon, 11 Sep 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/epicapt-com/2017/09/12/bookmarks-of-20170912/ マルチデバイス化が進む近年、マルチデバイスの活用は企業の競争力を上げる上で避けては通れません。セキュリティリスクがあっても積極的にスマートフォンやタブレット端末などのマルチデバイスを活用して、そのリスクをmdmで保護するという発想が多くなっています。
Mdmにはセキュリティを守り、モバイルデバイス端末機器の管理を行うための多彩な機能が搭載されています。端末の利用台数が多い時には便利な機能があり、更新プログラムの一斉配信機能などを利用して、更新プログラムを一斉配信していきます。そのほかにも位置情報取得機能やアプリ利用制限機能、アプリ配信機能などいくつもの機能があり、これらの機能を上手に活用することでマルチデバイスをさらにうまく活用することができるのです。これらの機能はセキュリティ保護のための必要経費として導入されるのではなく、ビジネス上他社競争力に活用できる積極的で前向きな投資と考えられて導入できるのです。
現在のmdm情報を紹介します

]]>
http://epicapt.com/2017/09/12/bookmarks-of-20170912/feed/ 0
mdm、mam,mcmの違いとは? http://epicapt.com/2017/09/04/bookmarks-of-20170904/ http://epicapt.com/2017/09/04/bookmarks-of-20170904/#comments Sun, 03 Sep 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/epicapt-com/2017/09/04/bookmarks-of-20170904/ モバイルデバイス管理ツールであるmdmだけではなく、アプリケーション管理を行うmam、コンテンツ管理を行うmcm機能などがあります。モバイルデバイス管理のmdmでは盗難、紛失時ロックやリモートワイプの他、VPNやWi-Fi設定などの接続設定の管理などを行います。またポリシー違反がある場合には、管理者や利用者に警告通知をすることもできます。
Mamはモバイルデバイスにインストールされているアプリケーションの情報を一元管理するためのツールになります。アプリケーションに関しては使用禁止、使用許可、必須の3つのポリシーを組み合わせることによって制御していきます。
コンテンツ管理であるmcmはメール設定情報の配布、管理、メール添付ファイルの暗号化、社内ファイルサーバーへのアクセス制御、アプリ間のデータ渡し制御などがあります。
それぞれの管理ツールには様々な機能があり、企業によって必要とする機能は違ってくるでしょう。
MDMのMCMについて

]]>
http://epicapt.com/2017/09/04/bookmarks-of-20170904/feed/ 0
mdm で利用できるサービスとは? http://epicapt.com/2017/08/30/bookmarks-of-20170830/ http://epicapt.com/2017/08/30/bookmarks-of-20170830/#comments Tue, 29 Aug 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/epicapt-com/2017/08/30/bookmarks-of-20170830/ タブレット端末やスマートフォンなどのモバイルデバイスを企業や教育機関で導入する場合、mdmを利用して一括管理することで効率的にモバイルデバイスを様々な場面で導入することができます。
Mdmの機能はメーカーによって異なり、プランによっても利用できるサービスとそうでないサービスがあります。
例えば遠隔ワイプや遠隔ロックは基本的なmdmには欠かせない機能の1つです。万が一スマートフォンやタブレット端末を紛失してしまったり、盗難されたりした場合に、モバイルデバイス端末をロックしたり、モバイルデバイス内に保存してあるデータを消去することで情報漏えいを未然に防ぐことができます。
またパスワード初期化もmdmの基本的な機能の1つです。端末のパスワードを忘れた時に、端末は初期化することなくパスワードだけを復旧することができるので設定管理がスムーズに行えます。
さらに利用制限などもmdmで行えます。カメラや端末画面のキャプチャ、アプリケーションの購入などの利用制限が可能になっています。
tMDM の「モバイルデバイス管理」 機能と付加価値

]]>
http://epicapt.com/2017/08/30/bookmarks-of-20170830/feed/ 0
加速しているモバイルデバイスの業務活用 http://epicapt.com/2017/08/20/bookmarks-of-20170820/ http://epicapt.com/2017/08/20/bookmarks-of-20170820/#comments Sat, 19 Aug 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/epicapt-com/2017/08/20/bookmarks-of-20170820/ ビジネスでスマートフォンやタブレット端末などのモバイルデバイスを導入する動きが急ピッチに進んでいます。スマホやタブレットがあればいつでもどこでも、オフィスと同じように仕事をすることができ、作業効率のアップにつながります。外出先でも自宅でも、仕事のメールやスケジュールを確認することができますし、経費精算や在庫管理などもできるでしょう。現在スマホやタブレットなどのモバイルデバイスの導入はビジネス機会の拡大や生産性の向上には欠かせないツールとなっています。
ワークライフバランスを考える上でも、モバイルデバイスの導入は経営課題になるでしょう。
ただビジネスでのモバイルデバイス導入を考える上で、慎重にならなければいけないのが、モバイルデバイスの管理です。しっかりとした管理ができる状況で使わなければ大変なことになってしまうことも。そこで一元管理が可能なモバイルデバイス管理にはmdmが欠かせない機能となっているのです。
MDMとは – 管理するための機能

]]>
http://epicapt.com/2017/08/20/bookmarks-of-20170820/feed/ 0
docomoが提供する法人用スマホのプランとは?! http://epicapt.com/2017/08/10/bookmarks-of-20170810/ http://epicapt.com/2017/08/10/bookmarks-of-20170810/#comments Wed, 09 Aug 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/epicapt-com/2017/08/10/bookmarks-of-20170810/ 携帯会社の大手と言えば、ドコモ、au、ソフトバンクでしょう。ドコモでは法人向けのサービスパッケージを展開しており、ビジネスプランではmdm管理機能がついています。ドコモが提供する法人向けサービスパックはCLOMO MDM for ビジネスプラスと呼ばれるもので、スマートデバイスの盗難、紛失のリスクに備えてリモート操作でデバイスロック、デバイスのデータ削除を行うことができます。このmdm管理によって業務に関連する業務データなどの情報漏えいを未然に防ぐことができるのです。
法人用としてスマートフォンやタブレット端末などのモバイルデバイスを導入するにあたり、情報漏えいにならないようにする対策を立てることは非常に重要になってきます。ドコモのほかにも各携帯電話会社では法人用スマホのプランとしてmdm機能の付いたパッケージを用意しています。Mdm管理できる機能はそれぞれ異なりますので、どのような機能がついているのかはしっかりと確認しておくとよいでしょう。

]]>
http://epicapt.com/2017/08/10/bookmarks-of-20170810/feed/ 0